アニメーションで見る子作りセックス

今回は男女が子供を作る際の性器の様子を示したアニメーションです。このアニメーションでは、男の子がオチンチンを女の子のオマンコに挿入し、オチンチンをオマンコに出し入れし、そして男の子が射精して女の子のオマンコの中に精液を送り込むシーンを見ることができます。このブログをお子さんに見せて性教育をしている方がいらっしゃるそうなので、このアニメーションで男の子と女の子がどのようにセックスをして子供を作るのか、どのように男の子の身体から女の子の身体へと精子が送り届けられるのか、お子さんの理解に役立てていただければうれしいですね。

このアニメーションでは、右下のハートをクリックすると男の子が女の子のオマンコへオチンチンを挿入し、セックスを始めます。さらにハートをクリックすると、男の子は射精します。

(アニメーションはFlash PlayerがインストールされたPCからのみご覧いただけます)

男の子と女の子が子供を作るためには、男の子のオチンチンを女の子のオマンコに入れて射精をし、男の子が女の子の身体の中に精液を送り込みます。この行為のことをセックスといいます。

男の子と女の子が子供を作るときは、このように勃起させたオチンチンを女の子のオマンコに入れてセックスをしなければなりません。オチンチンをオマンコに挿入したら、腰を振ってオチンチンをオマンコから何度も出し入れします。こうすると、オチンチンとオマンコはお互いにこすれあって、とっても気持ちよくなってくるのです。

オチンチンをオマンコから出し入れしつづけると、男の子は射精しそうになってきます。やがてオチンチンが気持ちよくてガマンできなくなると、男の子は射精し始め、オチンチンから精液を出します。オマンコの中でオチンチンから精液を出すことで、男の子は女の子のオマンコの中に自分の精子を送り込むのです。オチンチンからオマンコへ精液が送り込まれているとき、男の子と女の子はお互いにとっても気持ちよくて、とってもうれしくて、とっても幸せな気持ちになります。

こうして男の子は自分の身体で作られた精子を女の子の身体へと送り届けることができるのです。



(携帯電話からご覧の方向けに、試験的に携帯用のFlashを用意しました。よろしければこちらからご覧ください。"5"キーを押すことでアニメーションを進める事ができます。)

セックスのもっとも基本的で重要なのは、「オチンチンをオマンコに出し入れする」ということと、「セックスをすると子供ができる」ということ、さらに「セックスをするととっても気持ちよい」ということです。これらのことが絡んでくるとどんな問題が出てくるのか。それについては他の記事でも何度も書いていますし、よく理解しておかなければならない事柄でしょうね。

今後セックスでのオチンチンの動かし方についてもアニメーションにする予定です。

セックスの気持ちよさと性病のリスク

性病とは、すでに性病に感染している人とセックスなどの性行為をすることで感染する病気のことです。STDと表記することもあります。性病は、性病に関する知識のない若い人を中心として広がっているようです。最近の若い男女にとって、ラブホテルに入り、全裸になってベッドの上で抱き合いキスをし、おちんちんを膣に挿入して腰を振り、お互いに気持ちよくなって射精するといった、恋人同士が愛し合ったり夫婦が子供を作ったりするために行う「気持ちよくてエッチな行為」を、普段友達感覚で接している異性と気兼ねなく行うことは珍しくありません。若い男女にとって、セックスが恋人と愛を確かめ合ったり子供を作ったりするために行うだけでなく、単におちんちんやおまんこに感じる気持ちよさを求めるために行うといった考え方が広まっていることは事実ですし、これを単純に否定することは難しいでしょう。多くの人たちが進んでセックスをしようとするのは、男の子のおちんちんを女の子のおまんこから何度も出し入れして射精するという行為がとっても気持ちいいからですし、ここまでたくさんの人が産まれてきたのも、セックスのめくるめく気持ちよさのおかげですからね。

同じクラスの女の子の膣内に精液を出している最中の男の子問題なのは性病に対する知識や意識の薄い若い世代の男女にとって、不特定多数の異性と性器を結合させて気持ちよくなる行為が普通となっていることです。セックスや性病に関する知識が薄いため、友人関係である異性と軽い気持ちでセックスをしているのです。また、こういった普段友人として接している異性と、コンドームをつけず、男の子が生のおちんちんをそのまま女の子のおまんこに挿入し、お互いの性器が直に擦れあう「ニュルニュル」とした感触を味わうセックスを行っていることも問題です。おちんちんを生のままおまんこに出し入れするのはとっても気持ちいい行為ですから、「安全日や危険日」などと言って妊娠の可能性の低い日に生挿入セックスを楽しむ若い男女は多いです。知人程度の関係でありながら生挿入セックスをして下半身を気持ちよくし、おちんちんをおまんこの奥までつっこみ、精液を「どぴゅ、どぴゅ」と膣内に送り込み、異性との子作りセックスの興奮と快感を楽しむ10代や20代の若い男女もいるでしょう。恋人や夫婦の関係でなくとも、男女にとって中出しセックスをすることはとっても気持ちいいのです。このように知人と気軽に中出しセックスをしてしまうことで、妊娠の心配がありますが、それより恐ろしいのは性病です。生挿入セックスの場合は性病の感染リスクはコンドームをつけている場合と比べて高いものとなります。普段避妊具として利用するコンドームですが、性病の予防に対してもある程度の効果があることは皆さんもご存知でしょう。

さて、具体的な性病についていくつかまとめると以下のようになります。

・クラミジア感染症
男の子の症状・・・排尿をすると痛む、尿道から膿が出る、尿道に違和感を感じる
女の子の症状・・・おりものが多くなる、セックスのときに痛む
原因・・・クラミジアの細菌が性器や喉の粘膜に接触することで感染
予防法・・・コンドームを正しく使用する、オーラルセックス(フェラチオ)を控える

・淋病
男の子の症状・・・尿道のかゆみ、痛み、膿み、灼熱感、尿道口の腫れなど
女の子の症状・・・尿道の痛み、膿み、不快感、黄緑色のおりものなど
原因・・・淋菌という細菌が性器の粘膜に接触することで感染
予防法・・・コンドームを正しく使用する、オーラルセックス(フェラチオ)を控える

・尖型コンジローム
男の子の症状・・・亀頭や肛門付近に先の尖ったイボのようなものができる
女の子の症状・・・膣や肛門付近に先の尖ったイボのようなものができる(子宮がんに発展する場合もある)
原因・・・セックスによるウイルスの感染
予防法・・・不特定多数とのセックスを避ける(コンドームでは完全に防ぐことはできない)

・エイズ(HIV)
症状・・・感染後しばらくして風邪のような症状になる。その後しばらくは何もないが、リンパ腺の腫れ、下痢、発熱、倦怠感などの症状が現れる。その後エイズが発症し、全身、内臓に褐色の斑点が現れ、免疫力がほとんどなくなる。その後、カリニ肺炎やカポジ肉腫などのさまざまな病気に感染し、死亡する。
原因・・・セックスにより精液や血液、粘膜を通してエイズウイルスに感染
予防法・・・コンドームを正しく使用する、不特定多数の人とのセックスを避ける

もっと詳しく知りたい方は、他のサイトを見たほうがよいでしょう。

バックで子作りセックスしているカップル特に怖いのはやはりエイズですね。感染後に何もない時期が10年近くあるため、知らないうちに多くの人を感染させてしまう可能性があります。実際、エイズの患者数は徐々に増えており、ここ数年では、年に1000人以上の人が新たにエイズ患者となっているようです。人から人へと感染していくのですから、患者数が多くなるほど、新たに感染する人の数も増えていくのです。たくさんの人とセックスをすることが珍しくなく、コンドーム以外の避妊法もできていますが、エイズなどの感染を防ぐためにも普段から性病についての意識を持っておく必要があります。

男の子と女の子の産み分け

避妊をせずに膣内射精を行なうセックスは男の子と女の子がお互いの精子と卵子を受精させ、子供を作るために行なうとても気持ちのよい行為です。子作りセックスでは愛し合う男の子と女の子がビンビンに勃起したおちんちんをヌルヌルとした暖かい膣に生挿入し、お互いの体を求め合いながら性器を激しくこすり合わせて最高に気持ちのよいセックスをします。激しいセックスの末、絶頂に達した男の子がおちんちんを脈打たせながら女の子の膣の奥へ大量の精液を送り込めば、その90秒後には精液に含まれる精子が子宮へと入り込み、卵子に向かって子宮内を進みます。そして、セックスをした男の子と女の子の精子と卵子が結びつき、受精、着床することで新しい命が誕生するのです。お腹の中にいる赤ちゃんの性別が分かるようになるのは、それから5ヶ月くらい後になります。

おちんちんを奥まで挿入してたっぷりと中出ししているカップル男の子、女の子の産み分けの方法については、古くから色々な方法が考えられているようです。やはり、子供を作るときには、生まれてくる子供の性別の希望があることは多いでしょう。

よく目にするのは、精子の持つ染色体の性質を考慮した方法です。精子はY染色体とX染色体のどちらかを持っています。Y染色体を持った精子が卵子と受精すれば男の子の赤ちゃんが生まれ、X染色体を持った精子が卵子と受精すれば女の子の赤ちゃんが生まれます。ここで、Y染色体が酸性の強い環境に弱く、X染色体がアルカリ性の強い環境に弱いことを利用して産み分けを行ないます。


膣の奥でおちんちんから精液を出して子供を作っているカップル男の子の赤ちゃんが欲しいカップルは、X染色体を持つ精子の活動を弱め、Y染色体を持つ精子が卵子と受精しやすくするために、膣内をアルカリ性にする必要があります。
排卵日付近では子宮頸管からアルカリ性の粘液が分泌されます。これにより、普段酸性である膣内は中和され、さらにアルカリ性へと変わり、Y染色体を持つ精子が活発に動けるようになります。この日を狙い、男の子は1週間ほど禁欲し、Y染色体を持つ精子がたっぷりと含まれた濃厚な精液を作ります。
そして、排卵日当日に、避妊をせずに濃厚な子作りセックスを楽しみます。このセックスは、激しく興奮したものである方が良いでしょう。なぜなら、女の子は激しく興奮すると膣内でアルカリ性の液体が分泌され、膣内がY精子の活発に動ける環境となるからです。そして、男の子と女の子が同時に絶頂に達することで精液はY染色体を持つ精子を多く含んだまま子宮に送り込むことができます。男の子は射精する際に、勃起したおちんちんを膣の奥深くにズップリと挿入して思う存分たっぷりと女の子のお腹の奥に射精してあげてください。そうすることでより確実にY染色体を持つ精子を子宮に送り込むことができます。

正常位でセックスに励むカップル女の子の赤ちゃんが欲しいカップルは、Y染色体を持つ精子が弱まる環境を整え、X染色体を持つ精子が多く含まれた精液を子宮内に届ける必要があります。
女の子の赤ちゃんが欲しいカップルは、排卵日の2日ほど前に子作りセックスを行ないます。排卵日になるとアルカリ性の粘液が分泌され、Y染色体を持つ精子が生き残りやすくなるためです。また、もともと精液にはY染色体を持つ精子が多く含まれているため、その数を減らすために子作りセックスをする前日には避妊をしてセックスをします。
そして、女の子は興奮すると膣内がアルカリ性になりやすいため、子作りセックスではなるべく激しいセックスを避ける必要があります。男の子は早めに射精を行なったほうがよいでしょう。
また、射精をする際は、膣の入り口付近で射精を行ないます。これは、精子が射精されてから子宮にたどり着くまでの距離を長くすることで、Y染色体を膣内の酸性にさらし活動を弱め、X染色体を持つ精子の割合を高めるためです。

話をまとめてしまいますと、
「男の子が欲しいなら排卵日をねらった激しく興奮したセックスで膣の奥で射精」
「女の子が欲しいなら排卵日の前日にあっさりしたセックスで膣の入り口付近で射精」

ということですね。男としては、男の子の赤ちゃんを作るときのほうが気持ちよさそうですね。

これは確実な方法ではありませんし、他にも様々な産み分けの方法があるようです。私も彼女と子作りする際には産み分けにも気をつけたいですね。
子作りをしているカップルの皆さんは、ぜひ気持ちよい子作りセックスを楽しんで、たっぷりと精液を膣内に出してください。

包茎とは

おちんちんは男の子が女の子とセックスをするときに使う器官です。男の子はセックスをするときおちんちんを勃起させて女の子の膣に挿入します。女の子の膣の奥まで挿入し、射精することでより確実に女の子を妊娠させることができるような形になっています。

さて、多くの男の子が自分のおちんちんにコンプレックスを持っていると思います。サイズや色、形、硬さなど、色々な悩みがあるかもしれません。その中でも、今回は包茎について書こうと思います。包茎については女の子だけでなく、男の子にとっても自分以外のおちんちんをあまり見る機会はないかもしれませんから、いったいどのようになっているか知らないことも多いでしょう。包茎とはおちんちんの包皮が亀頭を覆っている状態のことをいいます。包茎には大きく分けて3種類あります。

露茎
このイラストのように、包皮がおちんちんの亀頭を覆っていない状態のことを露茎といいます。日本では露茎であることが好ましいと言われがちですが、実際は包茎は病気というわけではないので、日常の生活やセックスで問題がなければ特にどうする必要もありません。海外では(仮性)包茎こそ自然な形と捉えられていることも少なくありません。また、包茎についてよく知っている女の子はそんなに多くありません。包茎はいやだとか、そういうことを考えている女の子はそんなに多くないようです。

男の子のおちんちんは、小さい頃は包皮が亀頭に癒着しており、剥くことができません。思春期ごろになると自然と剥け始めます。統計では50%の男の子は10歳までに剥けるようになり、残りは20歳までに剥けるようになるようです。包皮が剥け、亀頭が露出することで、セックスをするときに女の子の膣内で敏感な亀頭が刺激され、おちんちんが気持ちよくなるのです。逆に、包皮が剥けない状態では、痛くてなかなか女の子の膣におちんちんを入れることができません。つまり、包皮が剥けるようになるということは、女の子とセックスできるおちんちんであるという印なのです。しかし人によってはいつまで経っても剥けないということがあるようです。


真性包茎
このイラストのように包皮が完全に亀頭を覆っており、剥くことができない状態のことを真性包茎といいます。真性包茎では包皮が亀頭に癒着しており、剥くことができません。無理に剥こうとすると痛みを感じてしまい、出血することもあるようです。真性包茎ではセックスをするときに痛くておちんちんを女の子の膣に挿入することができません。また、排尿をするときにも尿が真っ直ぐ飛ばないなどの問題もあります。何より、汚れがたまりやすいため不潔といわれがちです。感染症の原因にもなるようですし、不自由だと感じる場合は治療をしたほうがいいかもしれませんね。ちなみに、男の子の1~2%が真性包茎だといわれています。


仮性包茎
このイラストのように、普段は包皮が亀頭を覆っているけれど、剥けば剥けるという状態のことを仮性包茎といいます。仮性包茎で悩んでいるという男の子は多いかもしれません。男の子のうちの70%ほどは仮性包茎であるといわれています。仮性包茎の場合は包皮を剥いてよく洗っていれば不潔になることもありませんし、セックスをするときも勃起することで完全に剥けたり、女の子の膣におちんちんを入れるときに自然と剥けたりするのであまり悩む必要もありません。ただし、剥けている時間が短く、亀頭があまり刺激に慣れていない場合は早漏になりやすいようです。割合的にも常に亀頭が露出しているよりも、仮性包茎であるほうがスタンダードなようですから、悩む必要はないのです。


カントン包茎
最後にカントン包茎についてです。カントン包茎は包皮口が通常よりも小さく、剥くことが難しくなっている状態です。剥けば剥けますが、包皮口が小さいために亀頭が締め付けられ、痛みを感じてしまいます。また、一度剥いてしまうと締め付けが強いために元に戻すことが難しくなってしまうなど、様々な問題が起こります。一番問題となるのは、亀頭を締め付けたまま血液がおちんちんを循環しなくなった場合、亀頭が壊死してしまい、おちんちんが使い物にならなくなってしまうことです。ですから、カントン包茎の人は治療する必要があります。また、カントン包茎をそのままにしておくと、おちんちんの成長を阻害され、亀頭が通常よりも小さくなるいわゆる「先細り」になってしまうという問題もあります。おちんちんの発達を阻害し、勃起時に痛みがあり、セックスの妨げにもなるため、早期に治療する必要があります。

細かく分ければもっと多くの種類があるかもしれませんが、包茎はこの3つに大きく分けることができます。仮性包茎の人は基本的には特に治療する必要はありません。むしろ、無理に治療することによって、別の問題が起こることもあるようです。また、真性包茎や仮性包茎で治療が必要だと感じた方は早めにお医者さんに見てもらうことが必要になります。

セックスってなに?

大人は「セックス」をする。
「セックス」は大人が子供を作るためにすること。
大人は子供を作るために「セックス」をするけど、
大人は「セックス」が大好きだから子供を作らないときも「セックス」をする。
それは「セックス」がとっても気持ちいいことだから。

「セックス」は大人の男の人と女の人が「おちんちん」と「おまんこ」を使ってする。
子供は「おちんちん」と「おまんこ」が排尿をするためだけにあると思っている。
それは子供の「おちんちん」と「おまんこ」が幼くて「セックス」ができないから。
大人になると「おちんちん」と「おまんこ」が成長して「セックス」ができるようになる。
大人の「おちんちん」は「セックス」をする前に大きくなって固くなる。
大人の「おまんこ」は「セックス」をする前にヌルヌルした液が出てくる。
大人の男の人と女の人は「セックス」をするとき裸になってベッドの上で抱き合う。
そして、大きくて固くなった「おちんちん」を
ヌルヌルした液が出てきた「おまんこ」に入れたり出したりする。
これが「セックス」だ。

「おちんちん」を「おまんこ」に入れたり出したりすると
「おちんちん」と「おまんこ」がどちらも気持ちよくなってくる。
やがて男の人は「おちんちん」が気持ちよくてたまらなくなると
「おちんちん」の先にある穴から「せいし」というねばねばした白い液を出す。
男の人は女の人の「おまんこ」の中に「せいし」をたくさん出すと、
とっても気持ちよくて幸せな気分になるんだ。
「おちんちん」と「おまんこ」がいっぱい気持ちよくなって、
「おちんちん」から「せいし」がでたら「セックス」はおわり。

セックスをするカップル
男の人と女の人が「セックス」をしているようす

大人は子供を作るとき、
「おちんちん」から「おまんこ」の中に「せいし」をたくさん出す。
そうすると、「おちんちん」から出た「せいし」は
「おまんこ」の奥にある「らんし」とくっついて赤ちゃんになる。
子供を作らないのに「セックス」をするときは、
「せいし」と「らんし」がくっつかないように
「おちんちん」をゴムの袋で包んで「セックス」をしたり、
「おまんこ」の中に「おちんちん」から「せいし」をたくさん出しても
子供ができなくなる薬を飲んで「セックス」をしたりする。
大人は「セックス」をしても子供ができないように工夫して「セックス」をする。
それは気持ちいい「セックス」をたくさんするため。
大人はそういうふうに「セックス」をするんだ。

男の人と女の人が裸になって抱き合って、
「おちんちん」と「おまんこ」を使ってこんなにエッチなことをするなんて
とっても恥ずかしいと思うかもしれない。
でも、大好きな人と「セックス」をするととっても気持ちいいから、
大人は「セックス」をするのがとっても大好き。
子供もいつかは大人になって、
大好きな女の人の「おまんこ」の中に
自分の「おちんちん」を入れたいと思うようになるし、
大好きな男の人の「おちんちん」を
自分の「おまんこ」の中に入れたい思うようになる。
そして「セックス」をして、「おちんちん」から「おまんこ」の中に
「せいし」をいっぱい出して子供を作りたいと思うようになる。
みんないつかは好きな人といっぱい「セックス」をして、
「おちんちん」を「おまんこ」にいっぱい入れたり出したりして、
「おちんちん」と「おまんこ」がいっぱい気持ちよくなる。
そして「おちんちん」から「おまんこ」の中にいっぱい「せいし」を出して子供を作るんだ。

コンテンツ

プロフィール

poza

Author: poza
Location: Japan
Blog:
女の子とセックスをするのが好きです。中出しもよくやっています。

セックスに関する質問や相談等がありましたら、下記のメールアドレスまでご連絡ください。

lovers.sex.life@gmail.com
※携帯電話からメールを送信する際は、こちらから返信できるよう、着信拒否を解除してください。

●「性生活に必要なモノ」Twitterアカウント
https://twitter.com/poza_sex

mixi
マイミクシィ募集してます。御気軽にどうぞ。

タグ

[PR] LCラブコスメティック

LCLOVE COSMETIC
美容やセックスのための商品を扱っているお店です。ここでしか買うことのできない商品や、アダルトらしくない清潔なイメージで、リピーターの人たちがどんどん増えてます。

また、セックスのテクニックや豆知識、体験談などを扱っていて、恋人との気持ちいい時間を過ごすための情報が盛りだくさんです。

⇒メールマガジンの登録はこちら



FC2ブログランキング

FC2カウンター

閲覧者

現在の閲覧者数:

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

ブックマーク

このブログのブックマーク数: