10代の男の子と女の子の中出しセックスと妊娠

今回は、ある中学三年生の男女と妊娠についての、実話を元にしたお話です。

※この記事には、中学三年生の男子生徒と女子生徒がペニスを膣に入れてセックスをしている様子や、男子生徒が女子生徒に中出しをして妊娠させる描写が含まれています



この二人は同じ中学に通う男の子と女の子です。二人は三年生で、二年生の頃から付き合っています。放課後、二人は下校しているところです。手をつないで一緒に帰って、とても仲がよさそうですね。

中学三年生のカップル

二人はセックスをするのが大好きで、中学二年生の時に初めてセックスをして童貞・処女を卒業してから、頻繁にセックスをしています。中出しセックスも経験しており、同じ学校の他の子たちよりも、性経験はずっと進んでいます。二人はこれから男の子の部屋に行くようですね。二人は男の子の部屋でセックスをするつもりなのです。


実はこの二人、中学三年生同士で赤ちゃんを作ってしまいます。男の子が女の子に中出しをして、妊娠させてしまうのです。これから二人がどのようなセックスをして赤ちゃんを作り、さらに妊娠した女の子がどのようにして赤ちゃんを産むのかを見ていきます。


中学三年生で中出し
二人はまだ中学三年生ですが、頻繁に中出しセックスをしています。

男の子は一人っ子で両親も共働きで家には誰もいないため、男の子は毎日のように女の子を部屋に連れ込んで、セックスをしています。男の子の部屋に着いた二人は、制服を脱いで裸になり、ベッドの上でセックスをし始めました。今、ちょうどペニスを膣に出し入れさせてセックスをしている真っ最中です。とっても気持ちよさそうにセックスをしていますね。二人は今、コンドームを着けずにセックスをしています。コンドームを着けずに、ペニスを生のまま膣に入れているのです。二人ともまだ思春期真っ盛りの時期ですから、生でセックスをしていることにかなり興奮しているようです。

セックス

以前はコンドームを着けてセックスをしていましたが、だんだんとコンドームを着けずにセックスをして中出しをすることが増えてきました。男の子が女の子の膣の中に精液を出しているのです。二人が頻繁に中出しをするようになったのは、コンドームを着けずにペニスを生のまま膣に入れると、ペニスと膣粘膜がこすれる感触がニュルッニュルッとしてとても気持ちいいからです。それに、そのまま射精して膣の中に精液を出すと深い満足感があり、二人にとってたまらなく気持ちいいのです。

中学三年生の男女のセックス

男の子のペニスが女の子の膣に根元まで深く入っていますね。コンドームを着けずにペニスを膣に深く入れるのは、二人にとってかなり気持ちいい行為です。このくらいの年齢の女の子の膣の中は柔らかくて弾力があり、締まりも良いため、男の子のペニスに強い快感を与えます。ペニスと膣粘膜を直に触れ合わせることによって、コンドームを着けてセックスをするときよりも、お互いの性器の感触をきめ細かく感じ合うことができます。これは思春期の男の子と女の子にとって、相当な気持ちよさです。

男の子は射精をしたくなってきたようですね。下腹部の奥に、強い快感がこみ上げてくるのを感じているのです。もちろん、男の子は女の子と何度もセックスをしていますから、その快感が絶頂を迎えたときにペニスから精液が出てくることは知っていますし、何度も経験しています。そして、精液を女の子の膣の中にいっぱい出すことがかなり気持ちいいという事も、知っているのです。

中学三年生の男女のセックス

間もなく男の子は我慢できなくなり、射精をし始めました。ペニスから精液を出し始めたのです。男の子はペニスを女の子の膣の奥まで深く入れた状態で精液を出しています。射精し始める瞬間、男の子はペニスを膣の奥に深く突っ込み、ペニスの先端は子宮口まで届いています。コンドームは着けていませんから、男の子がペニスから出している精液は、そのまま女の子の膣の中に流れ込んでいます。男の子を見てください。かなり気持ちよさそうに射精をしていますね。思春期真っ盛りのこの時期に、同い年の女の子に中出しをしているのですから、相当な気持ちよさです。女の子も男の子に中出しされて、ものすごく興奮しています。中学三年生の男女にとって、これほど気持ちよくて興奮できる行為は、他にはありません。

そして、今この二人がやっている行為は、紛れもなく子供を作るための行為です。二人ともまだ中学三年生とは言え、こんなに気持ちよさそうに中出しをすれば、女の子は妊娠してしまうでしょう。しかし妊娠のことなど気にせず、男の子は女の子の膣の中に精液を送り込み続けます。女の子のお腹の中に精液を送り込むのが、気持ちよくて気持ちよくてたまらないのです。

中学三年生の男女のセックス

しばらく男の子は射精をし続けます。思春期真っただ中の時期ですから、精液をいっぱい出すことができます。女の子の膣の中に精液をいっぱい送り込んで、男の子はかなり気持ちよくなっているようですね。射精の気持ちよさもピークを迎えているところです。精液の射出のタイミングに合わせて、男の子は女の子の膣の奥にペニスをぐっと押し込んでいます。そうすることで中出しの快感はより高まり、精液もたくさん出ます。この男の子は何度も女の子に中出しをしていることで、中出しの気持ちよさを高める方法を知っているのです。

中学三年生の男女のセックス

男の子は大体20秒程度ペニスを脈動させて精液を出し続け、やがて射精が収まってきます。男の子はペニスの脈動のタイミングに合わせて、ペニスの先端を女の子の膣の奥に擦り付けながら、下腹部に力を入れて射精管や尿道に残っている精液を全部出そうとします。かなりの量の精液を出したので、女の子の膣の中は精液まみれになっています。もちろん、男の子の精液は女の子の子宮の中にもたくさん流れ込んでいます。15歳でこんなに気持ちいい経験をして、二人とも最高に幸せな気分になっています。このくらいの年齢の頃に経験する中出しセックスは、かなり強い快感を伴うのです。これほどの気持ちよさは、大人になってからでは味わうことができません。

中学三年生の男女のセックス

男の子が女の子に中出しをしている最中、女の子の膣の中はこのようになっています。男の子は勃起したペニスを女の子の膣の奥まで深く挿入し、女の子の膣の奥に精液をいっぱい出していますね。女の子の膣の奥に男の子の出した精液が溜まっていっているのが分かります。

男の子のペニスは長さ18cmもあり、女の子の膣のかなり深いところまで届いています。中学三年生でペニスのサイズが18cmというのは、他の男の子と比べてかなり大きいサイズです。太さもかなりあるようです。包皮も完全に剥けていて、亀頭をしっかりと露出させていますね。この男の子は中学二年生の頃から、女の子と盛んにセックスをしています。女の子とセックスをすると、男の子の体内ではテストステロンという男性ホルモンが分泌されるのですが、テストステロンはペニスを増大させる効果があるのです。特にこの男の子のように成長期に女の子と盛んにセックスをするのはペニス増大の効果が非常に大きいため、中学三年生で大人顔負けの大きいペニスを持っているのです。さらにまだ成長途中ですから、今後20cmを超えるかなり大きなペニスになる事でしょう。

男の子の射精が終わり、しばらくして、男の子は女の子の膣からペニスを抜きます。ペニスを膣から抜いた直後の様子です。

中学三年生の男女のセックス

ペニスを膣から抜くと、男の子の出した精液が女の子の膣の穴から少し漏れて出てきました。女の子の膣から出てくる精液はかなり濃くてネットリとしています。中学三年生ととても若いですから、すごく濃い精液を出したようですね。そして、男の子のペニスは女の子の膣内の粘膜から染み出ている愛液でベトベトになっています。この二人のように中出しセックスをすると、こんな風に性器がお互いの出す体液でベチャベチャになります。それは、この中出しセックスが二人にとってかなり気持ちよいものであったという証拠なのです。
ペニスを膣から抜いても、ペニスと膣にはまだ気持ちよさの余韻がかなり強く残っています。中出しセックスは大人が子供を作るために行う行為です。まだ思春期真っ盛りの二人にとって、子供を作る行為は少し気持ちよすぎたかもしれませんね。あまりの気持ちよさに二人ともしばらく放心状態となっています。この時期、二人と同年代の子でセックスを経験している子はまだほとんどいません。そんな中で、この二人は自分たちと同世代の子のほとんどがまだ経験したことのない、「中出しセックス」の目くるめく気持ちよさを、何度も何度も経験しているのです。

男の子の出した精液は、女の子の膣の奥にまだたくさん溜まっています。見てください。ペニスを膣から抜いた後、しばらくして女の子が自分の膣の穴を指で広げ、膣の中を男の子に見せ始めました。中出しをしてペニスを膣から抜いた後に、女の子が膣を広げて膣の中を男の子に見せ、男の子が女の子の膣の奥に溜まった精液が女の子の子宮に流れ込んでいく様子を観察するのが、二人の中出しセックスの習慣となっているようです。性欲も好奇心も旺盛なようですね。

中学三年生の男女のセックス

大きく広げられた膣の奥に溜まっている白い液体が、男の子が出した精液です。中学三年生で若いですから、ネットリとした濃い精液をいっぱい出したようですね。女の子の膣の奥に見える小さい穴が、女の子の子宮の入り口、子宮口です。男の子が女の子の膣の中に出した精液は、この子宮口に流れ込み、女の子の子宮の中へと入っていきます。ついさっきまで男の子の金玉の中にパンパンに溜まっていたたくさんの精子が、女の子の子宮の中に入り、女の子の卵子を目指して進んでいるのです。


- -




気持ちいい中出しセックスをした翌日、二人はいつも通り学校へ行きます。

男の子と中出しセックスをした翌日の中学三年生の女の子の様子

女の子と中出しセックスをした翌日の中学三年生の男の子の様子

二人とも、いつも通り授業を受けていますね。こうしてみると、昨日の放課後に、二人でベッドの上で全裸になってペニスを膣に出し入れさせて、あんなに気持ちよさそうにセックスをして、中出しまでしたとは思えませんよね。クラスの他の同級生たちも、二人が昨日、あんなにエッチなことをしていたなんて夢にも思いません。しかし、昨日、男の子は女の子の膣の奥までペニスを深く挿入して射精をし、女の子の膣の中にたくさん精液を送り込んでいます。女の子の膣や子宮の中には、昨日男の子が出した精液がまだ残っています。男の子はかなり濃い精液をたくさん出したので、女の子の膣の奥に男の子の精液がしっかり粘りついて残っているのです。


- -



数日後、二人はまた男の子の部屋でコンドームを着けずにセックスをしています。男の子が射精をして、女の子の膣の中に精液を送り込んでいる真っ最中です。男の子は女の子の膣の奥にペニスを突っ込み、大量の精液を出しています。男の子は今、かなり気持ちいい瞬間を味わっている最中です。

中学三年生の男女のセックス

性欲旺盛な時期ですから、何度やっても飽きることはありません。もう、中出しセックスをするのが気持ちよくて気持ちよくてたまらないのです。男の子は女の子の膣の中に精液を出すことで頭がいっぱいです。中学三年生の男の子にとって、同級生の女の子に中出しをするのはものすごく気持ちいいことです。ペニスを脈動しさせて精液を出すたびに、男の子の下腹部には強烈な快感が走っています。

そして、男の子は、射精による快感を味わうことよりも、同級生の女の子のお腹の中に自分の精液を送り込むことに強い満足感と幸福感を得ているということに気づいています。

中学三年生の男女のセックス

女の子もかなり気持ちよさそうにしていますね。中学三年生で精力の強い男の子は、ペニスを激しく脈動させながら、かなりの量の精液を女の子の膣内に送り込んでいます。そのため、女の子は男の子の精液が膣の奥にどんどん溜まっていっているのが分かるのです。女の子は男の子の精液が膣の奥に溜まっていく感触によって、とても強い幸福感を感じています。男の子の精液が膣の奥に溜まっていくことによる幸福感は、女の子の本能です。同級生の男の子に中出しをされて、女の子はかなり気持ちいいのです。女の子は今、男の子に妊娠させられる喜びを味わっています。

中学三年生の男女のセックス

中出しをしている最中、男の子のペニスはこのように女の子の膣の穴に挿入されています。二人とも、気持ちよくてたまらないでしょうね。中出しセックスは男女にとってかなりの気持よさと満足感を伴う行為ですが、二人とも性欲旺盛な思春期の時期ですから、何度やってもやり足りません。むしろ、中出しセックスをやればやるほど、中出しセックスに対する欲求が強まっていきます。

一般的に、中出しセックスは大人の男女が行なう行為ですが、この二人のように思春期の男の子と女の子でも、中出しセックスをすることはできます。そして、思春期のうちに経験する中出しセックスの気持ちよさは、大人になってから経験するよりも、はるかに気持ちいいものになります。男の子も女の子も、まだ性器が成熟しきっていませんが、その分性器の粘膜が薄く、非常に敏感です。気持ちよさを感じる神経が大人に比べて非常に鋭敏であるため、すごく気持ちよく感じられるのです。

中学三年生の男女のセックス

中出しセックスをして、ペニスを膣から抜いた直後の二人の様子です。中出しセックスの気持ちよさを思う存分味わい、とても深い満足感を味わっているようですね。二人とも中出しの気持ちよさの余韻がまだ残っています。男の子も女の子も、下腹部から全身にじんわりと広がるような気持ちいい感覚が、しばらく続きます。中学三年生でこんなに気持ちいい思いをしてしまい、この気持ちよさを忘れることはできません。二人とももう、中出しセックスの気持ちよさと満足感に病みつきになっていて、中出しセックスをせずにはいられない身体となっているのです。

二人はもう、ほとんど毎日こんなことをやっています。中出しセックスをするのが気持ちよくてたまらないとは言え、中学三年生の男女がこんな風に毎日中出しセックスをしていたら、妊娠しないはずはありません。
二人とも中学三年生ですから、自分たちがやっている中出しという行為が、自分たちの精子と卵子を受精させて子供を作るための行為だということを知っています。しかし実は、中出しの意味を知っていることが逆に、二人にとって中出しによる興奮を高めている要因の一つとなっています。自分たちが子供を作るための行為をしている、自分たちの精子と卵子が受精して新しい生命が生まれる、ということを認識することで興奮が高まり、快感も増しているのです。また、新しい生命を作る行為という不思議さが、二人に中出しに対する興味を持たせているのです。


- -




妊娠する中出しセックス
この日、男の子は中学三年生にして女の子を妊娠させてしまいます。二人で気持ちいい中出しセックスをして、子供を作ってしまうのです。

さらに数日後、二人はまた男の子の部屋のベッドの上で裸になっています。コンドームを着けずに男の子が女の子の膣にペニスを入れようとしていますね。また避妊をせずにセックスをしようとしているのです。女の子が四つん這いになって、その後ろから、男の子が女の子の膣の中にペニスを入れようとしています。これは後背位と呼ばれる体位です。二人ともペニスを入れる前から激しく興奮していますね。後背位は動物の交尾のような姿勢であるため、子孫を残そうとする本能が掻き立てられ、非常に興奮するのです。特に中学三年生という思春期の男女にとっては、後背位でセックスをするのはかなりエッチでいやらしいことに感じられるのです。男の子はペニスの皮を剥いて、亀頭を丸出しにした状態で、女の子の膣の穴に亀頭をあてがっています。女の子が四つん這いになって男の子に向かってお尻を突き出すというのは、女の子が男の子の精子で妊娠したいという意思表示の意味を持っていますから、男の子にとっては本能を強く刺激され、性欲を掻き立てられます。

中学三年生の男女のセックス

男の子はペニスを女の子の膣の穴にねじ込むように入れていきます。亀頭部分が女の子の膣の中に入っていますね。女の子の膣粘膜のヒダが男の子の亀頭にネットリと絡みついて、とても気持ちよさそうです。二人ともかなりエッチな気分になっています。男の子が亀頭の先端を女の子の膣の穴に擦り付けることで、女の子は激しく興奮し、膣粘膜から愛液を分泌します。それによって女の子の膣はヌルヌルとした感触になり、男の子のペニスを女の子の膣に入れやすくなります。

中学三年生の男女のセックス

男の子のペニスが女の子の膣に根元まで入ると、男の子は腰を振り始め、女の子の膣にペニスを出し入れさせます。男の子のペニスと女の子の膣の中の粘膜をニュルニュルと擦り合わせ、お互いのペニスを刺激し合い、その気持ちよさを楽しみます。

中学三年生の男女のセックス


男の子の硬く勃起したペニスは、女の子の膣の奥の方に届いているようですね。後背位でのセックスによってペニスが膣に深く入り、それによりお互いに強い挿入感を味わうことができます。コンドームを着けていない生のペニスが直に膣の奥まで届いている感触は、中学三年生の二人にとってかなりエッチで気持ちいいものです。男の子も女の子もますます興奮し、男の子は夢中になって腰を振りペニスを膣に出し入れさせ続け、ペニスをどんどん気持ちよくしていきます。


中学三年生の男女のセックス

15分ほどペニスを膣に出し入れさせてセックスをし、男の子はペニスがかなり気持ちよくなってきたようです。女の子とセックスをして気持ちよくなると、ペニスが膣粘膜に擦れて気持ちよさを感じる度に、男の子の下腹部にある精管が蠕動運動をします。それによって金玉から男の子の下腹部へたくさんの精子が移動します。そして、男の子の下腹部にある精管膨大部にたくさん精液が溜まって精管膨大部内の圧力が高まることで、快感が激しく高まり、男の子は射精をしたくてたまらなくなってくるのです。男の子の精管膨大部にはかなりの精液が溜まっており、男の子はペニスから精液を出したくて我慢できなくなっているのです。


男の子が射精し始めました。男の子にとって最高に気持ちいい瞬間です。コンドームは着けていませんから、男の子の精液は女の子の膣の中に直接流れ込みます。中出しです。男の子の精液が女の子の膣の中に送り込まれ、膣の奥に溜まっていきます。二人とも激しく興奮しながら、かなり気持ちよさそうにしていますね。実はこの体位はかなり気持ちよくて精液がいっぱい出るため、とても妊娠しやすい体位です。そのためこの体位は、大人の男女が赤ちゃんを作るときによくとられる体位なのです。もちろんまだ中学三年生の彼らにとっても、この体位で中出しをするのはかなりの気持ちよさです。

中学三年生の男女のセックス

この体位でセックスをすると、男の子のペニスが女の子の膣にまっすぐ深く入るので、すごく気持ちいいのです。女の子は膣の奥深くまで男の子のペニスが入っている感触があり、ペニスの先端が膣の奥に強く当たることですごく気持ちよくなります。そしてこの体位は、抱き合って愛し合うのではなく、肌の触れ合いを最低限にすることで、ペニスを膣に挿入して男の子から女の子に精液を送り込むことに意識を集中することができます。それによって男の子は生殖本能を掻き立てられ、女の子を妊娠させる能力が非常に高まり、普段よりも精液がたくさん出るようになるのです。

中学三年生の男女のセックス

男の子が女の子の膣の奥に精液をいっぱい出しています。女の子の子宮口に直接かけるように精液を出しています。かなり気持ちよさそうですね。同級生の女の子の柔らかくて大きなお尻を鷲づかみしながらペニスを膣の奥に深く入れて、こんなにいっぱい精液を出して、15歳の男の子にとってこれほど気持ちいい気持ちよくて興奮できる行為は他にはありません。後背位で女の子の膣の中に精液を送り込むことがこれほど気持ちいいとは、男の子も思っていなかったことでしょう。普段やっている正常位での中出しに比べ、後背位での中出しは、女の子を妊娠させることを強く意識させます。後背位で女の子に中出しをする気持ちよさは、女の子を妊娠させる気持ちよさそのものです。この男の子は今、女の子に中出しをして女の子を妊娠させるという最高の気持ちよさを、15歳にして味わっているのです。それは男の子にとって、ものすごく気持ちいいことなのです。

中学三年生の男女のセックス

まだ男の子は精液が出るようです。その圧倒的な気持ちよさに身を震わせながら、同級生の女の子の膣の奥に精液を出し続けます。避妊もせずに女の子の膣の中にペニスを深く入れて、いっぱい精液を出して、男の子は本当に気持ちいい思いをしています。より多くの精液を女の子の膣の中に送り込もうと、男の子はペニスの先端をギューッと膣の奥に押し当てるようにし、精液がペニスから出るタイミングに合わせて下腹部に力みを入れています。そうすることで射精の快感を高め、より多くの精液を出すことができます。この男の子はまだ中学三年生ですが、これまでに何度も女の子に中出しをしていますから、どうやれば女の子により多くの精液を送り込むことができるか、自然と理解しているのです。

そして女の子もまた、同級生の男の子が自分の膣の奥に深くペニスを挿入して精液を送り込んでいることを感じ、激しい快感と幸福感を味わっています。男の子のペニスは女の子の子宮口を強く圧迫していますから、女の子は男の子のペニスが自分の子宮まで届いていて、ペニスが射精により激しく脈動していることを感じています。特にこの男の子はペニスがかなり大きいですから、ペニスの先端が子宮口に強く当たって、女の子はすごく気持ちいい思いをしていることでしょう。もちろん女の子は、子宮にペニスが届いている状態で男の子が射精すれば、子宮の中に男の子の精子がたくさん流れ込んでくることを理解していますし、それによって男の子の精子と自分の卵子が受精し、妊娠することも理解しています。女の子にとってそれは、非常に強烈な快感となっています。同級生の男の子が自分の子宮の中に精子を送り込んで、自分のことを妊娠させようとしていることが、女の子にとってたまらなく気持ちいいことなのです。

男の子に中出しされた直後の中学三年生の女の子の子宮の中の様子

男の子が中出ししている最中の女の子の子宮の中の様子です。まだ男の子は女の子の膣にペニスを入れて精液を出している最中ですが、男の子の出した精子の一部はすでに女の子の子宮の中に流れ込んでおり、女の子の卵子を目指して進んでいます。15歳という若い男の子の精子は数が多く、どの精子も運動が非常に活発なため、女の子を妊娠させる能力がとても高いのです。これらの精子一つ一つが、男の子の遺伝子を持っており、女の子の卵子と受精をすることで男の子の遺伝子と、女の子の遺伝子が一つになります。

中学三年生の男女のセックス

男の子はペニスから精液を出し続け、やがて、徐々に射精が収まってきます。ペニスから精液が発射される間隔が徐々に長くなっていき、発射される精液の量も少なくなってきました。しかし、男の子のペニスからはまだまだたくさん精液が出ています。男の子はペニスに力みを入れ、下腹部や尿道に残っている精液を出しているのです。男の子が力むたびに、ペニスは女の子の膣の中で激しく脈動し、精液を出します。女の子は男の子のペニスが脈動し、自分の膣の中にたくさん精液が溜まっていくのを感じ、激しく興奮していますね。女の子にとって、好きな男の子が自分の膣の中にペニスを入れて射精をし精液を送り込んでくるというのは相当な気持ちよさです。

男の子の射精が収まったようです。男の子はかなりの量の精液をペニスから出し、女の子の膣の中に送り込みました。射精が終わった後も男の子はしばらく女の子の膣にペニスを入れたままにしています。ペニスを膣に入れたまま、中出しの気持ちよさと満足感の余韻をしばらく二人で味わいます。

中学三年生の男女のセックス

しばらくして、男の子は女の子の膣の穴からペニスを抜きます。男の子は女の子のお尻を両手で抑えながら腰をゆっくりと引いていき、男の子は硬く勃起したペニスを女の子の膣の穴から抜いていきます。

中学三年生の男女のセックス

女の子の膣の穴から自分のペニスを抜いていく様子を見ることで、男の子は同級生の女の子の膣の穴の奥にたっぷりと精液を出したということを実感し、とても満足しています。15歳の男の子にとって、同級生の女の子の膣の中に精液を送り込むことほど強い満足感を得られる行為は、他にありません。

中学三年生の男女のセックス

男の子がペニスを膣から3分の2ほど抜いたところで、男の子のペニスが勢いよく抜けました。

中学三年生の男女のセックス

男の子のペニスがビンビンに勃起している上に、女の子の膣の中が精液と愛液でヌルヌルしていたので、ペニスが膣から滑るように勢いよく抜けたようですね。男の子の出した精液は女の子の膣の奥にたくさん溜まっています。男の子は女の子の膣の中に精液をいっぱい出してとても満足していますが、男の子のペニスはまだ硬く勃起したままです。中学三年生という若い時期で精力がとても強いですから、勃起を維持したまま連続で3~4回くらいは女の子とセックスをすることができます。もちろん精液もまだまだいっぱい出ますから、中学三年生の男の子は女の子を妊娠させる能力がとても高いのです。


中学三年生の男女のセックス

二人とも、後背位で中出しをしたのがかなり気持ちよかったようですね。ペニスを膣から抜いた後も、二人の性器と下腹部にはセックスの気持ちよさの余韻が残っています。男の子はペニスに気持ちいい感じが残っていて、女の子も膣の中に男の子の精液が溜まっている感触がありますし、セックスの気持ちよさがじんわりと残っています。二人は数分間、このようにじっとしたまま、セックスの余韻を味わいます。この日のセックスはいつもよりも特に激しく気持ちよかったようで、セックスの余韻がいつもよりも長く続いています。

この日のセックスがいつもよりも特に気持ちよかったのには理由があります。実はこの日、女の子は排卵をしていたのです。女の子の卵巣は卵子を出し、女の子の卵管膨大部で卵子が精子と受精をするのを待っていたのです。女の子は排卵が起こると女の子の身体の中でプロゲステロンやエストロゲンといった女性ホルモンが多く分泌され、それによって女の子は性欲が高まります。性欲が高まったことで、セックスは激しさを増し、セックスがすごく気持ちよくなるのです。また、プロゲステロンやエストロゲンといった女性ホルモンが多く分泌されると、女の子の身体からはフェロモンが多く出るようになります。男の子は女の子のフェロモンから、女の子が排卵しているということを無意識に感じとることで生殖能力が高まります。性欲が高まり、激しいセックスをするようになります。セックスの気持ちよさも強まり、そして、より多くの精液が出るようになります。女の子が排卵していたということは、女の子がこの日に男の子と中出しセックスをすれば、女の子が妊娠する可能性があるということです。そして、男の子がこの日に女の子の膣の中により多くの精液を出せば、女の子を妊娠させる確率がより高まります。排卵しているときに女の子の性欲が高まり男の子とセックスをしたくなることと、男の子の性欲が高まり精液をたくさん出すようになるのは、子供を作るための本能なのです。二人ともまだ中学三年生ですが、子供を作ろうとする本能が激しく高まり、無意識のうちに自分たちの精子と卵子を受精させようとしていたのです。

中学三年生の男女のセックス

女の子はセックスの余韻を味わっている間、うつ伏せでお尻を高く上げたままにしています。こうやってお尻を高く上げておくと、膣の中に溜まっている精液が膣の外にこぼれにくくなり、精液が子宮の中にたくさん流れ込むため、妊娠する確率が高まるのです。女の子は妊娠を意識してこの姿勢をとっているわけではありません。この日の女の子は排卵により妊娠しようとする本能が非常に強く働いているため、無意識のうちに本能的にこのような姿勢を取り、妊娠する確率を高めているのです。

中学三年生の男女のセックス

男の子も女の子と同じように、セックスの余韻を味わっているようです。今のセックスの快感がかなり強かったようで、ペニスを膣から抜いてしばらく経った後も、男の子の下腹部には、痛みにも似た鋭い強烈な快感が残っています。満足感も相当なものです。その圧倒的な気持ちよさと満足感で、男の子は身体に力が入らず、しばらく動くことができません。中学三年生の男の子にとって、排卵している同級生の女の子の膣の中に精液を送り込むのは、どれほど気持ちよかった事でしょう。これほどの気持ちよさは、そう経験できるものではありません。


男の子の精液は女の子の子宮にたくさん流れ込み、多くの精子が女の子の卵子を目指して進んでいます。

中学三年生の男の子と女の子の精子と卵子

二人がセックスの余韻に浸っている間に、男の子の精子は卵管膨大部までたどり着いています。見てください。すでにたくさんの精子が卵子の近くまで来ています。いくつかの精子は卵子の表面にたどり着き、卵子の中に潜り込もうとしていますね。

中学三年生の男の子と女の子の受精

男の子の精子が、女の子の卵子の細胞膜の中に入りました。受精です。男の子がペニスから出した精子と、女の子の卵子が、女の子のお腹の中で一つになり受精卵となったのです。男の子の精子と女の子の卵子が受精してすぐに、受精卵の中で男の子の遺伝子と女の子の遺伝子が融合し、細胞分裂が始まります。女の子のお腹の中で新しい生命が始まろうとしているのです。

二人は自分たちの精子と卵子が受精したことをまだ知りません。ただ二人とも、今の中出しがいつもの中出しよりも数段気持ちよくて満足感の強いものであったという実感があります。この時二人が感じている快感と満足感こそ、セックスの本当の快感であり、異性との子作りの満足感なのです。二人はこの快感と満足感を中学三年生にして経験しているのです。もちろん、家族や同級生、学校の先生たちも、二人がこんな風に避妊をせずに激しいセックスをして、中出しをして、精子と卵子を受精させているなんて思いもよりません。

セックスをしてしばらく経った後の二人の様子です。裸のまま、ベッドの上でキスをして愛し合っています。気持ちいい中出しセックスをしたことで、二人ともお互いのことが好きで好きでたまらなくなっています。それにとっても幸せそうですね。男の子は女の子の大きいおっぱいを揉んでいます。この時、女の子のお腹の中ではすでに男の子の精子と女の子の卵子が受精をしています。二人とも、自分たちの精子と卵子が受精したことを無意識のうちに感じ取り、それによってお互いを愛し合う感情が極限にまで高まっているのです。中学三年生にして精子と卵子を受精させる関係になっているのですから、その幸福感は相当なものでしょう。

中学三年生の男女のセックス

中出しセックスをした後の男女は愛し合う気持ちが非常に高まり、それにより深い満足感を得ることができます。それは中出しによる肉体的な快感よりも気持ちよく感じられるものなのです。中学三年生の二人にとってそれは、かなり強烈な快楽となっています。

中学三年生の男女のセックス

二人が余韻に浸っている間、女の子の膣の奥に溜まっていた精液が、女の子の膣の穴から漏れ出てきました。男の子の出した精液はかなり濃くて粘り気が強かったため、女の子の膣の奥に長く留まっていたようです。女の子の膣の中で精液が分離し、薄い水分が先に女の子の膣から漏れ出て、その後でゼリー状になった濃い精液の塊が膣からドロドロと出てきます。セックスをした直後は、女の子の膣は男の子のペニスが入っていたことで広げられていたため、多くの精液を溜めておくことができましたが、男の子のペニスを膣から抜いてしばらく経ち、膣の大きさが元に戻ってきたことで、膣の中に精液が収まりきらなくなり漏れて出てきたのです。


こうして二人は、中学三年生にして激しい中出しセックスをしてかなり気持ちいい思いをし、自分たちの精子と卵子を受精させました。普通はこのような中出しセックスは、大人の男女が子供を作るために行なうことですから、中学三年生でこんなにエッチなことをしているなんて、信じられないという方もいるかもしれません。しかしこの男の子と女の子は実際にこのような中出しセックスをして、精子と卵子を受精させているんです。

二人はその後も、毎日のように中出しセックスをし続けます。


ところで、二人と同い年の子でも、セックスをする相手がいない子はオナニーをして性欲を解消しています。二人と同じクラスの子がオナニーをしている様子については[こちらの記事]をご覧ください。



- -




中学三年生の女の子の妊娠と出産
女の子は中学三年生にして妊娠し、赤ちゃんを産みます。

中学三年生の女の子のつわり

男の子の精子と女の子の卵子が受精してからしばらく経ち、女の子は気分が悪くなったり、体がだるくなったりすることが増えてきました。体調不良に困った女の子は病院で検査を受けました。

そして検査の結果、女の子はお医者さんから妊娠していることを告げられます。

中学三年生の女の子の妊娠

先ほど二人が後背位で中出しセックスをしたときにできた受精卵が、女の子の子宮内膜に着床し、女の子は妊娠していたのです。女の子はとても驚きました。確かに、同級生の男の子と何度も中出しセックスをしましたし、中出しセックスが子供を作る行為であることは知っていました。しかし、まだ中学三年生の子供同士で中出しセックスをしても、そう簡単には妊娠しないと思っていたようです。しかし実際には、中学三年生の若い男女が、先日のような排卵日に中出しセックスをすると、非常に高い確率で妊娠します。

女の子は、男の子、そしてお互いの両親と相談し、赤ちゃんを産むことにしました。

この後、女の子の子宮の中で赤ちゃんが成長していき、女の子のお腹はどんどん大きくなっていきます。


中学三年生の女の子の妊娠

女の子のお腹がかなり大きくなってきましたね。女の子の子宮の中では、赤ちゃんが大きく育っています。あの日の放課後のセックスで、中学三年生の男の子がペニスから出した精子が、女の子の子宮の中で卵子と受精したという証です。女の子のお腹の中にいる赤ちゃんは、中学三年生の男の子と女の子の遺伝子を受け継いでいます。

そして、女の子は間もなく赤ちゃんを産みます。中学三年生の男の子と女の子が、父親と母親になる瞬間です。


中学三年生の女の子の妊娠

女の子はお腹に痛みを感じてきました。陣痛が始まったのです。女の子が赤ちゃんを産むときがきました。
陣痛が進むにつれて徐々にお腹の痛みは強まってきます。


陣痛が始まってから12時間以上が経過し、女の子の陣痛は非常に強くなっています。女の子の身体の中ではプロスタグランジンやオキシトシンといったホルモンが分泌されています。それによって子宮の収縮が起こり、同時に子宮口付近は柔らかくなり子宮口が広がっていきます。女の子の子宮口は10cm程にまで開いており、それによる痛みはかなりのものです。女の子の陣痛の痛みはピークを迎えています。もうすぐ、女の子は赤ちゃんを産みます。中学三年生で出産を経験するのです。

中学三年生の女の子の出産


・・・・・・・・・・・

この後の様子も、今後引き続き追記していきます。

青春時代とセックス

青春時代は、勉強や部活・スポーツに励むことがとっても大事ですね。
そしてそれらと同じくらい、「恋愛とセックス」も青春時代にとって非常に大切なことです。

これから青春真っ盛りの高校二年生の男の子と女の子が、コンドームを着けないで中出しセックスをします。男の子が女の子の膣の中に精液をいっぱい送り込んで、すっごく気持ちいい思いをするんです。

これからエッチをする高校生カップル

この男の子と女の子は二人とも17歳になったばかりの高校生二年生のカップルです。放課後の夕暮れに、一緒に仲良く帰宅していますね。実はこの二人は、これから彼の部屋でエッチをするつもりです。高校生の男の子と女の子は、付き合い始めるとエッチをするようになります。エッチをするというのは、セックスをするという事です。部屋で二人っきりになって、セックスをするのです。ベッドの上でパンツも脱いで全裸になり、男の子の勃起したペニスを女の子の膣に入れて、腰を振ってセックスをし、男の子は射精をします。

男の子と女の子は付き合い始めると、すぐにセックスをするようになります。異性のことを好きになるということは、その根底に、その異性とセックスをしたいという気持ちが必ずあります。ですから、恋愛とセックスは、切り離すことのできない関係なのです。

特に、青春時代はセックスがもっとも気持ちいい時期です。肉体的にも、精神的にも、セックスを楽しむのに最も適した時期です。中学一年生ごろからセックスをする子が徐々に増え始め、高校生にもなると4割以上の子がセックスをするようになります。
そしてこの二人のように17歳ごろは、セックスにおける旬の時期です。精力・体力が強く、性欲は最高潮を迎える時期です。ペニスと膣は十分に成熟していますから、非常に盛んにセックスを楽しむことができる時期なのです。

これからセックスをする高校生カップル

この二人は中出しセックスをするようですね。中出しセックスとは、コンドームを着けずに、男の子の生のペニスを女の子の膣に直接挿入してセックスをし、男の子がそのまま女の子の膣の中で射精をして、女の子の膣の中に精液を送り込み、自分たちの精子と卵子を受精させる行為のことです。もちろん高校生同士でも、中出しセックスをすれば子どもができることがあります。この二人のように性欲が強かったりピルを服用していたりする場合は、高校生同士でも中出しセックスをします。中出しセックスは子どもを作るための行為ですから、青春時代の男の子と女の子にとっては非常に刺激が強く、かなり気持ちよく感じられるのです。約二割強の子が、高校生同士で中出しセックスを経験していると言われています。


今から中出しセックスをする高校生カップル

部屋についた二人は、制服を脱ぎはじめました。これから全裸になって中出しセックスをするのです。二人とも、お互いの舌を絡めながらキスをして、とっても興奮していますね。高校生くらいの男の子と女の子は、セックスをする時、こんな風にすごく興奮します。性欲旺盛な時期ですから、気持ちをすぐに高めることができ、かなり興奮してセックスをすることができるのです。

高校生カップルの前戯

制服と下着を全部脱ぎ、二人とも全裸になりました。男の子のペニスはギンギンに勃起して、亀頭も完全に剥き出しになっています。これから同級生の女の子の膣にペニスを生のまま入れてセックスをし、そのまま射精をして、女の子のお腹の中に自分の精液を送り込むことができるのですから、興奮せずにはいられないのです。
このとき男の子の興奮に反応するように、男の子の睾丸で作られた精子は、男の子の下腹部にある精管膨大部に集まってきます。男の子の身体の中で、これから女の子のに中出しをして、膣の中に精液をたくさん送り込むための準備が始まっているのです。

高校生カップルのセックス

二人は男の子の勃起したペニスを女の子の膣に入れて、セックスを始めました。高校生の男の子と女の子も、こうやって裸になって重なり合い、勃起したペニスを膣に入れてセックスをします。二人とも、とても気持ちよさそうにセックスをしていますね。男の子が腰を前後に振って、硬く勃起させたペニスを女の子の柔らかくてヌルヌルとした膣の穴に出し入れさせています。コンドームを着けずに男の子の生ペニスを女の子の膣の中に入れていますから、ペニスと膣の粘膜がニュルニュルとこすれ合って、すごく気持ちいいのです。

高校生カップルのセックス

男の子のペニスが、女の子の膣に根元まで入っています。ペニスを膣に深く入れていますから、男の子のペニスの先端が女の子の子宮に届いています。ペニスの先端と子宮を直に触れ合わせ、二人ともかなり興奮しています。高校生同士であっても、セックスは妊娠しやすければしやすいほど、より気持ちよくて興奮する行為となります。ペニスを膣の奥まで、子宮に届くほど深く入れると、とても妊娠しやすくなりますから、その分、気持ちよさと興奮も強まるのです。

高校生カップルのセックス

男の子のペニスが女の子の膣に入っている様子が見えますね。高校生の男の子と女の子は、このようにペニスと膣に入れてセックスをしています。まだ二人とも子どもですが、大人と同じようにセックスをします。高校生ともなれば、異性と二人でセックスをして赤ちゃんを作る機能は十分に成熟しています。ですから大人と同じように、こうやって赤ちゃんを作る行為をやりたくなりますし、赤ちゃんを作る行為をしてすごく気持ちよく感じることができるのです。

ところで、よく見ると男の子の金玉が縮み上がっているのがわかります。男の子は女の子とセックスをしてペニスがとても気持ちよくなってくると、普段ペニスの根元からぶら下がっている金玉が、このようにペニスの根元に引き上げられるのです。これは、もうすぐ男の子が射精をするため、その準備のために、金玉の中に蓄えていた精子を下腹部にある精管膨大部まで移動させるためです。つまり男の子が女の子とセックスをしていて金玉が縮み上がってくるのは、もうすぐ射精しそうだというサインなのです。


高校生カップルのセックス


体位を変えてセックスをしていますね。この体位は後背位と呼ばれる体位です。バックとも呼ばれます。四つん這いになった女の子の後ろから、男の子が女の子の膣にペニスを入れてセックスをします。この体位はペニスを膣に深く挿入することができるため、精液を女の子の膣の奥に出すことができます。そのため、この二人のように膣の奥に精液を出す気持ちよさを楽しみたいカップルや、赤ちゃんを作りたいカップルに人気のあるの体位です。

男の子は射精がしたくなってきて、我慢できなくなってきたようですね。下腹部に精液がたくさん溜まってきていて、今にもペニスから精液が出そうな感覚がしているのです。同時に、男の子は下腹部に強い快感を感じており、もう気持ちよくてたまらない状態になっています。男の子は、このまま女の子の膣の中に精液を出したくてたまりません。

やがて男の子の快感は最高潮に達し、射精をしはじめます。下腹部に感じていた強い快感は、さらに一気に高まり、同時にペニスが激しく脈動し始めます。ペニスがビクッ、ビクッと2~3回ほど強く脈打った後、ペニスの先端の穴から、ドピュッ、ドピュッとリズミカルに精液が発射され始めます。

バックで中出しをしている高校生カップル

男の子が射精をしました。すごく気持ちよさそうに射精をしていますね。射精をしている最中、男の子のお腹の奥にある前立腺という器官が何度も収縮を繰り返します。前立腺の収縮によりペニスから精液が勢いよく発射されるのです。このとき前立腺の中にある射精管の周囲にある気持ちよさを感じる神経が刺激されて、男の子はとっても気持ちよく感じるのです。
コンドームを着けていないため、男の子がペニスから出している精液が、女の子の膣の中にどんどんたまっていきます。男の子が女の子に中出しをしているのです。高校生ですから、とても濃くて粘り気のある精液をたくさん出しています。こんなに濃い精液を出したら女の子は妊娠してしまいそうですね。
二人とも、高校生同士でこんなに気持ちいいことができて、本当に幸せそうですね。まだ高校生の二人にとっては、中出しはとてもエッチな行為です。自分たちの精子と卵子を受精させるための行為ですから、とてもいやらしく感じられるのです。そのため男の子も女の子も、激しく興奮しながら中出しをしています。

女の子の膣の中で男の子がどんな風に精液を出すのかを、よく見てみましょう。

高校生カップルの中出しの様子

男の子が射精をする直前の様子です。男の子は絶頂に達し、ペニスが脈動していますね。ペニスから精液を出す直前に、男の子はこんな風にペニスを2~3回ほど脈動させるのです。ペニスを膣の奥まで深く挿入し、ペニスの先端は子宮に達しています。男の子は射精する瞬間、無意識に女の子の膣にペニスを深く挿入します。膣のより奥に精液を出すことで、女の子を確実に妊娠させようとする本能が働くためです。どの男の子も、射精をするときは必ず女の子の膣にペニスを深く突っ込むのです。

高校生カップルの中出しの様子

ペニスが脈動した直後、男の子はペニスから精液を出しました。ペニスの先端から出ている白い液体が、男の子の精液です。ペニスを力強く脈動させながら、精液をたくさん出しています。ペニスの先端が膣の奥に届いた状態で射精をしていますから、子宮の入り口の辺りに精液がたくさん溜まっていますね。

高校生カップルの中出しの様子

一度射精が始まると、男の子は数秒間ペニスから精液を出し続けます。女の子の膣の奥に精液をいっぱい出していますね。これは男の子にとってかなりの気持ちよさです。この男の子も女の子にいっぱい中出しをすることができて、気持ちよくてたまらないでしょうね。とっても気持ちよさそうに射精しています。

高校生カップルの中出しの様子

男の子はまだ精液を出しています。女の子の膣の奥に、男の子の出した精液が溜まっていますね。精液は女の子の子宮の中にもしっかりと流れ込んでいます。青春真っ盛りの高校生の男の子ですから、女の子の膣の中にこんなにいっぱい精液を出すことができます。それに、この男の子はペニスがとても大きいので、女の子の膣の奥の方に精液を出しています。しかもこの男の子の精液は精子の数が多くてすごく濃いようです。こんなに濃い精液をいっぱい出されたら、女の子はすぐに妊娠してしまうでしょう。実は男の子にとって、そうやって女の子を妊娠させるのはかなり気持ちいいんです。女の子の膣にペニスを突っ込んで射精をし、女の子の膣の中に精液を送り込むというのは、男の子のにとって気持ちよくてたまらない行為なのです。この二人のように10代半ばから後半にかけては、まだ高校生とはいえ、肉体的には子どもを作るのに最も適した時期です。動物の繁殖期に相当します。そのため異性とこうやって中出しセックスをして子どもを作りたいという欲求は非常に強く、実際に高校生同士で中出しセックスをしてその欲求を満たすことはこの上なく気持ちよく、満足感のあることなのです。

高校生カップルの中出しの様子

男の子の出した精液は、女の子の子宮の中にしっかりと流れ込んでいます。これは女の子を妊娠させてしまってもおかしくはありません。二人ともまだ高校生とは言え、やっていることは大人の男の人と女の人が子供を作るための行う中出しセックスと全く同じですから、相当な気持ちよさと満足感を感じていることでしょう。


女の子の膣の中で、男の子はこんな風にペニスから精液を出し、女の子の膣の中に送り込みました。高校生同士でこんなことをするなんて、エッチすぎると思う人もいるかもしれませんね。でも異性とこんなエッチなことをしたいと思うのが青春時代です。そして実際に異性とこんな風にセックスをし、気持ちいい思いをするのが、青春時代の楽しみの一つなのです。この二人も、セックスをしてすごく気持ちいい思いをし、青春を謳歌しています。


中出しセックスをした高校生カップル

やがて男の子の射精がおさまり、男の子は女の子の膣の穴からペニスを抜きます。男の子の硬く勃起したペニスが女の子の膣からヌルッと引き抜かれると、女の子の膣から精液が漏れ出てきました。たった今、男の子が女の子に中出しをし女の子の膣の中に送り込んだ精液です。男の子が女の子の膣にペニスを挿入してる間は、男の子のペニスが栓の役割となっていたため膣から精液が漏れ出てきませんでしたが、男の子が女の子の膣からペニスを抜くことによって栓がなくなり、女の子の膣の中に溜まっていた精液がドロッと漏れ出てくるようになるのです。女の子の膣の穴から、かなりの量の精液が出てきていますね。男の子はペニスから精液をたくさん出したようです。男の子はセックスの快感が強いと、精液をいっぱい出します。気持ちいいセックスのできる女の子をより確実に妊娠させようとする本能が働くため、無意識に精液をいっぱい出すのです。高校生とはいえ、こんなにいっぱい精液を出すなんて、女の子の膣に生のペニスを入れてセックスをしてそのまま中出しをするのがよほど気持ちよかったのでしょう。コンドームをつけたセックスに比べて、ペニスを膣に生のまま入れてセックスをしてそのまま中出しをする場合、男の子は女の子を妊娠させるという事をより強く意識します。そのため興奮は非常に昂り、男の子はより多くの精液を出すのです。女の子も、男の子に中出しをされるのがかなり気持ちよかったようです。

中出しセックスをした直後の高校生カップル

中出しセックスを終えた男の子と女の子はベッドに横になり、中出しセックスの快感の余韻に浸ります。中出しは男の子と女の子が子どもを作る行為ですから、かなり気持ちいいんです。高校生同士でこんなに気持ちいいことを経験できて、本当に幸せそうですね。男の子と女の子が愛し合うということは、年齢に関係なく、これほど気持ちよくて、幸せな気持ちになれるものなのです。

これが高校生カップルのエッチ、高校生カップルのセックスです。多くの高校生カップルがこうやってセックスを楽しみ、青春時代を過ごすのです。青春時代のみなぎる性欲を、異性とセックスをして満たします。それは、青春時代にしか味わうことのできない、とっても貴重な体験です。

セックスを終え、女の子は帰宅しました。

高校生カップル

夜に二人はチャットで愛を伝えあいます。まだ二人とも、先ほどのセックスの余韻に浸っているようですね。二人とも先ほどの中出しセックスがかなり気持ちよかったのです。男の子は女の子の膣にペニスを深く突っ込んで精液をたくさん出しましたから、女の子の膣や子宮の中には、男の子の精液がまだしっかりと残っています。
言うまでもなく、中出しセックスは男の子と女の子が子どもを作るための行為です。高校生同士の中出しセックスも、子どもを作る行為であることに変わりはありませんから、男の子も女の子も生殖本能が十分に満たされ、深い満足感を得ることができるのです。

思春期のためのセックス講座 - 学生のうちからセックスをしてもよい?

思春期の男の子女の子のための、セックス講座4回目です。
今回は、学生のうちからセックスをしてもよいか?というテーマについて少し触れます。

思春期を迎えた中高生のみなさんは、異性が気になるようになり、
好きな異性と付き合い始めます。
何度かデートをして、抱き合ったり、キスをするようになります。
そして、セックスをするようになります。
キスをしたり、体を触りあったりするだけでなく、
大人と同じように、ベッドの上で裸になって抱き合い、ペニスを膣に挿入して愛し合います。
ペニスを膣から出し入れさせて気持ちよくなり、
男の子は女の子の膣の奥でたっぷりと射精をします。
思春期を迎え、付き合い始めたカップルは皆、異性とセックスをする気持良さを楽しみ、
膣内での射精を体験します。そして、異性と深い関係を築くことを経験し、
性について深く理解します。

中高生のみなさんの中には、「セックスをすることはいけない事なのでは」と、
セックスをタブーと感じている子も多くいるようです。

それは、普段家庭でセックスに対してオープンに話すことがなく、
大人がセックスの話題を避けるように感じているためです。
テレビでエッチなシーンや話題が出てくると、気まずくなったりしますよね。
そのような環境で生活するみなさんは、セックスをタブーと感じてしまうのです。
しかし、みなさんは思春期を迎え、性欲がわくようになり、どうしてもセックスに興味がでてきます。
そして、異性とセックスをするようになります。

思春期のカップルのセックス


では、思春期のみなさんがセックスをすることは悪いことなのでしょうか。


思春期のみなさんがセックスをするのは悪いことではありません。
思春期の男の子と女の子がお互いを好きになって、セックスをするようになることは
とても喜ばしく、素敵なことです。
思春期の男の子と女の子が裸になって、ペニスを膣に出し入れさせて愛しあう様子は、とても素晴らしいことなのです。
学生のうちに異性と愛し合うことの喜び、
そしてセックスの気持ちよさを経験することはとても重要なことです。


セックスは思春期のみなさんにとって急いでやらなければならないことではありませんが、
好きな人とお互いに「セックスをしたい」と思っていて、しっかりと避妊をしていれば、
罪悪感を感じることなく、好きなだけセックスをしても良いのです。
男の子の勃起したペニスを、女の子が触ったり、舐めたりしてもよいのです。
女の子の膣を男の子が触ったり、指を入れたり、舐めたりしてもよいのです。
男の子のペニスを女の子の膣に挿入して、ペニスを膣に出し入れして気持ち良いと感じてもよいのです。
いろんな体位でセックスをしてもよいのです。
ペニスを膣に出し入れさせて、ペニスが気持ちよくなってきて、そのまま膣の中で射精をしてもよいのです。
毎日セックスをしても、一日に何回セックスをして、何度も射精してもよいのです。
男の子と女の子がセックスをするというのは、とても素晴らしいことです。
好きな人とセックスをするのはとても気持ちよくて幸せなことです。
女の子の膣にペニスを出し入れさせて射精すると、とっても気持ちいいですよね。
男の子のペニスが膣に出し入れされると、気持ちよくなりますよね。
男女が愛しあい、幸せを感じることを、悪いことだと思ってはいけません。
異性と性器を結合させて気持ちよくなり、肌が触れ合う感触とぬくもりを感じる幸せを楽しむのは
思春期を迎えた皆さんにとって、とても大切な体験です。


「中高生の本分は勉強であり、セックスをしてはいけない」という意見があります。
確かに中高生のみなさんはしっかりと勉強するべきですね。
しかし、セックスをしているからといって勉強がおろそかになるわけではありません。
セックスを我慢して性欲がたまり、勉強が手につかなくなっても困ります。
特に男の子は性欲がすぐに溜まってしまいがちです。
性欲が溜まってきたら、セックスをして性欲を満たすようにしてもよいでしょう。
恋人がいないうちはマスターベーションで済ませるのもよいでしょう。
恋人ができるとマスターベーションの回数はほとんど減り、
女の子とセックスをして、女の子の膣内で射精をすることで性欲を満たすようになります。
異性と思う存分セックスをして性欲を発散したら、勉強に集中しましょう。
もちろん、中高生のみなさんは、勉強する時間がなくなるほどセックスばかりしていてはいけません。

思春期の皆さんがセックスをするようになると、セックスばかりしがちになります。
特に、中学2~3年の子は毎日セックスをするようになることが多いようです。
中学3年生だと、受験がありますから、ある程度勉強を意識することも多いですが、
中学2年生の子は、開いている時間をほとんどセックスに使うようになります。
放課後は毎日男の子の部屋で2~3回はセックスをしますし、
家族が留守にしている土日などは、朝から晩までセックスし放題です。
中学2年生ころだと性欲が非常に強く、何度射精をしても性欲が衰えることがありません。
コンドームをすぐに1箱使いきってしまうようです。
若い頃にセックスに没頭してしまうのは仕方ありませんが、勉強に集中できるなくるのも困ります。
恋人ができて、セックスをするようになったら、「セックスをする日」と「勉強をする日」の
ルールを作るなど決めるとよいでしょう。
セックスをするときは、思う存分セックスをして、気持ちよくなってください。
セックスが、勉強への活力となるよう工夫が必要ですね。

思春期のカップルのセックス


また、中高生でセックスをして、女の子が妊娠することも心配されます。
思春期のみなさんにも、膣内射精をして、妊娠を心配した経験のある子は多くいます。
男の子と女の子がセックスをするというのは、子供を作るという本能に基づいた行為です。
思春期の男の子でも、女の子の膣の中に射精する瞬間は「この女の子を妊娠させたい」と強く思い、射精をします。
そして女の子は男の子が射精する瞬間「この男の子の子供を産みたい」と強く思い、男の子の精液を膣で受け止めます。
思春期を迎えた皆さんは、ペニスを膣に挿入する前にかならずコンドームを付けるようにし、
精液が直接女の子の膣に入らないようにしてセックスをしましょう。

最近では、思春期のみなさんの間でも、低容量ピルで避妊をする子が増えています。
安全性や有効性が認められており、思春期のみなさんへ最も推奨される避妊法となっています。
最近では中高生でも多くのカップルが膣内射精を経験しており、
精液を直接膣内に射精する行為への興味が高まっているようです。
確実に避妊でき、思春期の男の子と女の子が、コンドームを付けない自然な形でのセックスを思う存分楽しむことができ、膣内に精液を送り込むという最高に気持ちよくて興奮する行為をすることができるため、諸外国ではすでに思春期の子に広く普及しています。


思春期のみなさんも、膣内射精をし、
男の子が女の子の膣の中に精液を送り込むという「子供を作る」行為を体験することで、「セックスが単に気持ちよさを味わうためだけの行為ではない」ということを理解することができます。
膣内射精をし、ペニスを膣から抜いたあと、膣から精液が流れでてくる様子を見ることで、
「セックスとは男の子の精液(遺伝情報)を女の子のお腹の中に送り込み、二人の子供を作る行為」
であることを実感してください。
そして、その行為の気持ちよさを存分に味わってください。

思春期のカップルが膣内射精をしている様子

このイラストは、思春期の男の子が女の子の膣の中に精液を送り込んでいる様子を示しています。
男の子はより多くの精液を女の子の膣の奥まで届けるため、ペニスを深く挿入します。
また、女の子のおしりを抱きかかえることで、精液が膣外に漏れ出にくくなり、
より多くの精液が、子宮へと流れていきます。
男の子は思春期であっても、このように自然と、精液を女の子の膣内にたくさん送り込める姿勢をとります。
そして、女の子は、男の子のペニスが激しく脈打つことを感じ、
男の子が自分の膣内に射精していることを感じて興奮します。
また、射精の際に男の子におしりを抱きかかえられることで、女の子は、
男の子がより多くの精液を女の子の中に送り込もうとしていることを感じるのです。
男の子が女の子の膣の中に精液を送り込むことは、すごく気持ちいい行為です。
そして、相手との関係をより特別なものに感じさせる行為です。
精液を膣の中に出すというのは、男の子と女の子が子供を作る行為ですから、
特別に感じるのも当然です。
中高生のうちに膣内射精を経験し、
子供を作る行為が、男の子・女の子共にどれほど気持ちよくて、どれほど幸せな気分になるか、
そして、どれほど特別な行為かを、実感できるとよいですね。

思春期を迎え、セックスに興味が出てくるのは、自然なことです。
そして、思春期の男の子と女の子がお互いを好きになり、セックスをするようになるのは、
とても喜ばしく、素敵で、素晴らしいことです。
異性とセックスをしている最中はとっても気持ちよくて幸せな気持ちになります。
しっかりと避妊をして、勉強に励み、我慢することなく若いうちに異性とたくさんセックスをしましょう。

個別に、気になることがあればメールで聞いていただいてもOKです。
また、どんなふうにセックスをしているかを教えてもらえれば、
セックスのテクニックや、気をつけるべきポイントを回答します。
中高生の方からのメールをお待ちしています。
宛先:lovers.sex.life@gmail.com

思春期のためのセックス講座 - 膣内射精と妊娠

思春期の男の子女の子のための、セックス講座3回目です。
今回は膣内射精についてです。

膣内射精とは、男の子が女の子の膣の中に精液を送り込む行為のことです。
膣内射精は大人の男の人と女の人が楽しむ行為でしたが、最近では皆さんと同じ思春期の男の子と女の子の間でも膣内射精を楽しむことが増えてきています。
中高生でも、コンドームを着けずに生のペニスを膣に挿入してセックスをするカップルが増えており、同級生の女の子の膣の中に精液を送り込んだことのある男の子は沢山いますし、同級生の男の子が出した精液を膣で受け止めたことのある女の子は沢山います。

思春期の男の子と女の子が膣内射精をするときは、衝動的であることが多いようです。普段コンドームを着けてセックスをしている子でも、異性とのセックスの興奮と気持ちよさに、つい膣内射精をしてしまうことがあります。そして、一度膣内射精を経験すると、その気持ちよさが癖になってしまい、膣内射精を頻繁にするようになる思春期のカップルも多くいます。


以下は、ある男子からメールでいただいた内容を元にした、思春期の男の子と女の子が膣内射精をする例です。

KくんとSさんは中学2年生の同じクラスの同級生で、半年ほど前から付き合っています。付き合い始めて1ヶ月で初めてセックスをしてから、週に1~2回の頻度でセックスをしています。コンドームはいつもKくんが用意していて、セックスをする時は必ずコンドームを着けています。

セックスをしているカップル今日は、Kくんの両親が一日家を留守にするため、KくんとSさんはKくんの部屋でセックスをする約束をしました。

SさんがKくんの部屋に着くと、(1)さっそくKくんとSさんはベッドの上で抱き合ってキスをし始めました。KくんとSさんはお互いの身体を触りあい、興奮を高めていきます。Kくんのペニスはズボンの上からも分かるほどビンビンに勃起しています。

興奮が高まってきたKくんとSさんは服を脱ぎ、裸になりました。SさんはKくんの勃起したペニスを触り、KくんはSさんの膣を触り、お互いの性器を刺激し合い、さらに興奮を高めます。やがてKくんのペニスはギンギンに勃起し、Sさんの膣も愛液で濡れてきました。ペニスを膣に挿入する準備ができ、Kくんはペニスにコンドームをつけようとしました。しかし、コンドームは先日のセックスで使い切っていて、もう一つもありませんでした。(2)Kくんはそのことに今気づきました。

しかし、KくんもSさんも、性的な興奮が高まっていて、ペニスを膣に入れたくてたまりません。二人はがまんできず、コンドームを着けずにセックスをすることにしました。Kくんはビンビンに勃起したペニスを、Sさんの膣口にあてがいました。そして、生のままのペニスをゆっくりとSさんの膣口を押し広げ、Sさんの膣の中に挿入していきます。Kくんのペニスはビンビンに勃起しており、Sさんの膣の中はとてもヌルヌルしていて、膣の粘膜がKくんのペニスに絡みつき、Kくんはとても気持ちよくなっています。Kくんが腰を振ってSさんの膣にペニスを出し入れするたびに、ペニスと膣がニュルニュルこすれる感触を楽しむことができ、KくんもSさんも、とっても気持ちよくセックスをしています。

KくんはSさんの膣でペニスを気持ちよくしています。SさんはKくんのペニスで膣を気持ちよくしています。KくんとSさんはセックスをしている最中、性器がとても気持ちよくなっていて、とても幸せな気分になっています。気持ちよさと興奮がどんどん高まっていき、KくんとSさんはとても気持ちよさそうな表情で激しいセックスをしています。

ペニスと膣が結合している様子普段は15分くらいはセックスをしていますが、今日は、(3)ペニスを膣に挿入してから5分ほどで、Kくんは射精しそうになってきました。Kくんの腰の動きが早くなってきて、KくんのペニスはSさんの膣に激しく出し入れされます。
Sさんも、Kくんにペニスを膣に出し入れされて、最高に気持ちよくなってきています。(4)膣が気持ちよくなってきたSさんの膣の入り口は、締め付けが強くなり、Kくんのペニスをさらに強く刺激します。KくんもSさんも、ペニスと膣が気持ちよくてたまらない状態となっており、腰の動きも激しくなっています。

Kくんのペニスの快感は最高潮となり、Kくんは射精をし始めました。射精の瞬間、Kくんはコンドームを着けていないことを思い出しましたが、Sさんの膣の中がとてもヌルヌルしていて気持ち良いので、(5)思わずSさんを強く抱きしめ、ペニスをSさんの膣の奥まで入れました。そのままKくんはSさんの膣の奥で射精をしています。Sさんは、自分の膣の中でKくんのペニスが強く脈打っていることを感じ、Kくんに強く抱きしめられながら、Sさんは自分の膣内に精液を送り込んでいることを実感します。Kくんのペニスから発射された精液はSさんの膣の奥に流れ込み、二人は強い興奮と幸福感を感じます。

膣内射精をしたカップルが、膣からペニスを抜く様子やがてKくんは射精が収まり、KくんとSさんは性器を結合させたまましばらく射精の余韻にひたりました。Sさんの膣の中には、Kくんの精液がたくさん溜まっています。Kくんのペニスはまだ勃起していましたが、KくんはSさんの膣からニュルリとペニスを抜きました。(6)しばらくして、Sさんの膣からKくんが出した精液が溢れてきました。

(7)KくんとSさんは膣内射精の気持ちよさを体験し、深い満足感を感じました。

膣内射精をしてから数日経ち、KくんとSさんは、Sさんが妊娠していないか、心配になってきました。



気をつけるべき点に下線を引いていますので、順番に見てみましょう。


下線部(1)で、KくんとSさんはすぐにセックスを始めようとしましたが、セックスをする前は、男の子も女の子もシャワーを浴び、お互いに性器を清潔にしておいたほうが良いでしょう。特に膣内射精をするときは、ペニスが生のまま女の子の膣に挿入されれます。このときペニスが汚れていると、雑菌が膣の中に入り込み、性病の原因となります。セックスをするときは、普段から性器を洗っておくように心がけましょう。


下線部(2)で、Kくんはコンドームを切らしていたことに気づいていませんでした。衝動的な膣内射精をしないようにするには、普段からコンドームの有無を確認しておくことが重要です。ペニスを膣に挿入する直前でコンドームがないことに気づいても、セックスを中断するのはとても難しいですし、気まずいものです。普段からコンドームをつけているKくんも、この状況ではがまんすることができませんでした。


下線部(3)で、Kくんはいつもよりも早く射精しそうになりました。女の子の膣に生のままペニスを挿入することは、男の子にとって、とても気持ち良いものです。女の子の膣の中は粘膜になっていて、とても柔らかくてヌルヌルしています。また、膣の粘膜はヒダ状になっていて、男の子のペニスが出し入れされるたびに、ヒダがペニスにまとわりつき、男の子のペニスを刺激します。この感触はコンドームを着けたセックスでは感じることができません。今回、KくんはSさんの膣に生のままペニスを入れたため、Sさんの膣粘膜の感触を直に感じることができ、ペニスが普段以上に気持ちよくなりました。そのため、いつもより早く射精しそうになったのです。
そもそも、思春期の男の子のペニスはまだ成熟しきっておらず、大人のペニスに比べ刺激に敏感です。思春期の男の子が女の子とセックスをすると、すぐにペニスが気持ちよくなります。女の子の膣に生のままペニスを入れるのはとても気持ちいいので、セックスに慣れていない思春期の男の子だと、ペニスを膣に入れた途端射精してしまうこともあります。


気持ちよさそうに膣内射精をしているカップル下線部(4)で、Sさんは膣の入口の締め付けが強くなっています。実はこの時、膣の奥は逆に広がっています。女の子は男の子とセックスをして気持ちよくなってくると、膣の奥が広がり、入り口は狭くなります。これをバルーン現象といいます。膣の奥が広がることで、男の子が膣の中で射精をしたときに、精液が膣の奥にたくさん溜まるようになります。バルーン現象は男の子の精液をなるべくたくさん受け止めるための女の子の身体の変化なのです。女の子が気持ちよくなってくると、男の子はペニスの先端の締め付けが急になくなることに気づくことでしょう。後背位でのセックスだと、この感触をよりくっきりと感じることができます。
また、バルーン現象が起きると、女の子の子宮は膣の奥の広がった空間にせり出してきます。それにより、より多くの精子を子宮に送り込むことができ、妊娠しやすい状態を作り出します。Sさんの膣はKくんの精液を受け止める準備ができていたのです。


同級生の女の子の膣内にたっぷりと射精している男の子下線部(5)では、KくんはSさんの膣の奥までペニスを挿入して射精をしています。生でセックスをしている最中は、射精するときはペニスを膣から抜こうと考える子も多いですが、いざ射精する瞬間になると、あまりの気持ちよさに思わずペニスを膣の奥深くまで挿入してしまう男の子も多いです。これは子孫を残すための反射的な行動のためです。射精をする際にペニスを膣の奥まで入れたほうが、男の子も女の子も満足感が大きくなります。また、セックスに慣れていない思春期の男の子は、射精のタイミングを把握するのが苦手な子が多く、ペニスを抜いたときには既に大量の精液を膣内に出していたということも多いです。また、騎乗位など、男の子が動きづらい体位では、射精の瞬間に男の子がペニスを抜くことができず、そのまま膣内に射精をしてしまいます。
男の子は女の子とセックスをしている間、ペニスから透明な液体を出し続けています。これは、ペニスが気持ちよくなってくると自然と出てくる液体で、カウパー液と言います。Kくんも、Sさんとセックスをしている最中に、Sさんの膣に出し入れさせているペニスからたくさんカウパー液を出していました。カウパー液の中にも精子が微量に含まれているため、より確実に避妊をするためには、ペニスを膣に挿入する時点でコンドームを着けておく必要があります。


下線部(6)では、KくんがSさんの膣からペニスを抜いたときに、精液が溢れています。バルーン現象が起こっていても、精液は膣から多少漏れ出します。特に、思春期の男の子は精液の量が多いため、女の子の膣からはたくさん精液が溢れてきます。溢れてきた精液がベッドに付いたりすると、拭いても染みになったりします。膣内射精をした後に、ペニスを膣から抜く時は、膣にティッシュをあてがいながらペニスを抜くとよいでしょう。そのために、セックスをするときはベッドから手が届くところにティッシュを置いておきましょう。妊娠を目的とした膣内射精の場合は、ペニスを膣から抜かず、精液が子宮により多く入るように、しばらくそのままセックスの余韻に浸るカップルも多くいます。
Kくんは中学2年性ですから、精液がとても濃く、Sさんの膣の中に出した精液が溢れでてくるまで少し時間がかかったようです。

膣内射精をしたあと、女の子は下腹部に少し痛みを感じることがあります。精液には子宮を収縮させる成分が含まれており、精液が子宮に触れることで子宮が収縮し、それにより女の子は痛みを感じることがあるのです。しかし、これは一時的なものですぐに収まり、体調に心配はありません。ちなみに子宮が収縮することで、子宮がポンプのような働きをし、精液を子宮が吸い込みます。より多くの精液を子宮内に届けることに役だっているのです。
KくんはSさんの膣の奥にたくさん精液を出しており、Sさんの子宮はKくんの精液がたくさんかかっています。実際にSさんは子宮に痛みを感じていたそうです。

下線部(7)では、KくんとSさんが膣内射精による深い満足感を感じています。膣内射精は男の子と女の子が子孫を残そうとする本能を満たすことのできる行為です。そのため、膣内射精をすることで男の子と女の子は強い快感を感じると同時に、深い満足感を感じることができるのです。


今回は、KくんとSさんの例を取り上げ、膣内射精についてお話ししました。膣内射精をするつもりがなくても、ふとしたきっかけで衝動的に膣内射精をしてしまうことが多いです。衝動的な膣内射精を避ける最も有効な方法は、普段からコンドームを用意しておくことです。コンドームの数を、毎朝チェックするとよいでしょうね。

アメリカでは、彼氏のいる思春期の女の子の多くは低容量ピルを服用しているそうです。そのため、思春期の男の子と女の子がセックスをするときは膣内射精をすることが一般的です。彼らはセックスの気持ちよさを思う存分味わいつつも、避妊についてしっかりと意識しているのです。
低容量ピルは、日本では副作用などの懸念が大きく、避妊目的では思春期の女の子にはあまり普及していませんが、今後日本でも、思春期の女の子の多くが服用するようになるかもしれません。

思春期のためのセックス講座 - 性器の結合と射精

思春期の男の子女の子のための、セックス講座2回目です。
今回は、思春期の皆さんがペニスを膣に挿入してセックスをし、男の子が射精をするまでのお話です。
皆さんがどのようにセックスをするのか、どのように気持ちよく感じるのか、そしてどのように男の子が射精をするのかについて、説明します。

前回は、部屋で二人っきりになって、キスをしたり、抱き合ったり、性器を触りあったりして、お互いの気持を高めあうことについてお話しました。お互いに気持ちが高まり、セックスをしたくなってきます。

あせらずに、お互いの気持ちを確認しましょう。これから、ペニスを膣に入れて、抱き合って、愛しあって、気持ちよくなる、セックスという行為を、これから自分たちがするということを確認します。

これからセックスをする思春期の男女お互いの気持を確認したら、服を脱ぎましょう。そして、ベッドに横になり、抱き合います。裸で抱きあうと、お互いの肌の感触や温もりがとても心地よく感じられます。この感触や温もりを感じ合うことは、お互いの関係をより深いものにするために重要なことです。

ペニスを膣に挿入する前に、男の子のペニスにコンドームを着けましょう。セックスをしている最中は、男の子のペニスの穴からは精子が少しずつ漏れ出しています。射精するときだけコンドームを着けるのではなく、ペニスを膣に入れるときは最初からコンドームを着けましょう。コンドームを着けるときは、中に空気が入らないように気をつけましょう。中に空気が入っていると、セックスの最中にコンドームが破れてしまいます。


いよいよペニスを膣に挿入します。

女の子はベッドに横になり、ペニスを膣に挿入しやすいように股を開き、膣の穴を露出させましょう。男の子は、女の子の上に覆いかぶさるようにし、ペニスの先端を女の子の膣の穴にあてがいます。男の子が膣の穴がどこにあるかわからない場合、膣の穴を女の子に見せてもらうと良いでしょう。女の子が膣の穴を見せるのが恥ずかしい場合は、女の子にペニスを持ってもらい、膣の穴にペニスをあてがうのを手伝ってもらうこともできます。ペニスを膣の穴にあてがったら、腰をゆっくりと動かし、ペニスを膣の穴に入れていきます。最初のうちは、女の子がペニスを挿入されることを痛く感じるかもしれませんから、亀頭の部分だけを膣に挿入し、ゆっくりとペニスを膣から抜き、今度はもう少し深く挿入し、また抜きます。徐々に挿入を深くしていき、ペニスを根元まで膣に挿入していきます。セックスに慣れてきたら、一度にペニスを根元まで膣に挿入してもよいでしょう。(ただし、女の子が痛くないように、ゆっくりと挿入しましょう)

思春期のセックス

女の子が初めてペニスを膣に挿入するとき、痛く感じることが多いようです。これは、処女膜が傷つくからではありません。女の子は、初めてのセックスに緊張し、膣の筋肉を硬直させてしまいます。硬くなった膣に、無理やりペニスを挿入することで、女の子は痛みを感じてしまうのです。
初めて男の子の勃起したペニスを女の子が見たとき、女の子はそのペニスをとても大きく感じてしまいます。それに、「初体験は痛い」という先入観が重なり、緊張が高まってしまうのです。
そんな女の子に対し、男の子は、女の子がリラックスできるよう心がけが必要です。優しい言葉をかけてあげましょう。

思春期のセックス

異性と身体を密着させ、ペニスと膣が結合されると、お互いにとても気持ちよくて嬉しい気持ちになることでしょう。そして、性的な興奮も高まり、お互いにもっと気持ちよくなりたいと強く思うようになります。


ペニスを膣に挿入したら、男の子は腰をゆっくり動かして、ペニスを膣の穴から抜いて行きます。ペニスを半分くらい膣から抜いたら、また、根元までゆっくりとペニスを膣に挿入していきます。これを何度か繰り返すと、男の子はペニスがたまらなく気持ちよくなってきます。この、ペニスを膣から出し入れする動作のことを、ピストン運動といいます。まだ慣れていないうちは、腰の動かし方がぎこちないものですが、セックスの経験を重ねることで、だんだん自分のペニスの形や女の子の体つきや膣の位置、形に合わせて、腰の動かし方がわかってくるはずです。

ペニスを膣から出し入れすると、女の子も気持ちよく感じます。女の子が気持ちよく感じると、膣からトロリとした粘液が分泌されます。この粘液は愛液と呼ばれます。愛液が分泌されると、膣の中はヌルヌルしてきます。膣の中がヌルヌルしていると、ペニスを膣からの出し入れがスムーズになります。逆に、愛液が分泌されていないと、女の子はペニスを出し入れされたときに痛みを感じます。膣の中は粘膜であるため、ペニスの激しい動きに弱く、出血することもあります。男の子は、女の子の膣が愛液で濡れているか注意しましょう。

ピストン運動をし、ペニスを膣から出し入れすることで、男の子はペニスが気持ちよくなり、女の子も、膣がだんだん気持ちよくなってきます。セックスをしている男の子と女の子は、この気持ちよさを楽しむのです。とても気持ち良いので、皆、夢中になってペニスを膣から出し入れするのです。ペニスを膣から出し入れさせて、ペニスと膣をどんどん気持ちよくしていきましょう。

セックスをしていると、ペニスと膣は驚くほど気持ちよくなってきます。これは皆さんが今までに体験したことのない気持ちよさです。思春期の皆さんも、この気持ちよさを味わうことでとても嬉しい気持ちになるはずです。性器が気持ちよくなったら、相手に「気持ちいい」と言葉で伝えてみましょう。自分とセックスすることで、相手が気持ちよくなっていることが分かると、とっても嬉しくなるものです。ぜひ、セックスの最中に、自分が感じている気持良さを相手に伝えてみてください。

思春期の男女のセックス

上のイラストは、思春期の男の子と女の子がセックスをしている様子を表しています。男の子と女の子は、ベッドの上で裸になって、こんな風にセックスをするのです。女の子が股を開いて性器を露出させ、男の子が女の子の膣に勃起したペニスを挿入していることがわかります。そして、ペニスを膣に出し入れすることで、ペニスと膣内の粘膜がこすれ合い、男の子と女の子はお互いにとても気持ちいいのです。男の子はペニスがとっても気持ちよくなっており、女の子は膣がとても気持ちよくなっています。

セックスをしている最中は、男の子も女の子も、気持ちよくて、楽しくて、とても幸せな気持ちになります。お互いの性器に感じる快感だけでなく、肌と肌の触れ合う感触や、お互いの温もりがとても心地よく感じられます。そして、裸になって性器を結合させて二人で気持ちよくなるという、特別な行為を行うことで、快感を共有し、心を通い合わせ、お互いの関係がより深いものになることの幸福感を味わうことができます。
セックスは本来、子供を作るための行為です。しかし、人は異性と、より深いコミュニケーションとしてセックスを行います。思春期を迎えた皆さんは、好きな異性とより深い関係を築くために、セックスをすることができるのです。


ペニスを膣から出し入れさせ、性器の快感を高めていると、やがて男の子は射精したくなってきます。男の子は女の子とセックスをして、ペニスが気持ちよくてたまらなくなってくると射精したくなるのです。射精は男の子が女の子の膣の中に精液を発射する現象のことで、男の子が女の子の膣内に精液を送り込むことで、女の子は妊娠します。皆さんがセックスをするときはコンドームをつけているでしょう。コンドームを正しく使っていれば、男の子が女の子の膣の中で射精をしても、男の子が出した精液が女の子の膣の中に入ることはありません。

男の子は、射精しそうになると、そのことを自覚できます。男の子の射精を膣で受け止めるために、女の子も心の準備が必要です。多くの女の子は自分の膣の中で男の子が射精することに興奮します。女の子にとって、いつの間にか男の子が射精していたのでは寂しいですよね。ですから、男の子は射精しそうになったら、「イク」「イキそう」と女の子に伝えましょう。
射精しそうになったら、ピストン運動を止め、射精しそうな感覚が収まるまで休むことも良いでしょう。あまり長くセックスをしていると、女の子の膣内が乾いてしまい、女の子が痛みを感じることがあるので、程々にしましょう。

射精しそうになっている男の子は、ペニスがとても気持ちよくなっています。気持ちよくて気持ちよくてたまらない状態で、更にペニスを膣に出し入れすると、男の子はペニスに激しい快感を感じます。そして、男の子のペニスは脈打ち始め、射精をします。射精の瞬間、男の子はその気持ちよさに、思わず腰の動きを止めてしまいます。とても気持ちいいので、「うっ・・・」と思わず声がでてしまうかもしれませんが、恥ずかしがらず、声を出してみましょう。お互いの気持をさらに高めることができます。

射精とは、男の子がペニスの先端から精液を出す現象のことです。
射精する時は、ペニスを膣から抜かず、ペニスを膣に挿入したまま射精するようにします。射精の時に無理にペニスを膣から抜こうとすると、コンドームが外れ、精液が膣に入る可能性があります。射精をするときはペニスを膣に入れたままの方が気持ち良いものです。男の子が射精をするときは、ペニスを根元まで膣に挿入して射精するようにしましょう。
射精は、一度に全部精液を出すのではなく、数回に分けて発射されます。射精している最中、男の子のペニスはピクッ、ピクッと脈打っていますが、その脈動に合わせて、ペニスから精液が発射されています。また、この脈動の度に男の子はペニスに快感を感じているのです。男の子にとって、女の子とセックスをして、女の子の膣の中で射精をするのはとっても気持ちの良いことなのです。射精している最中の男の子の表情を見ると、とても気持ちよさそうに射精しているのがわかると思います。
女の子のやわらかい身体をぎゅっと抱きしめ、女の子の膣に根元まで挿入したペニスは射精して最高の快感を感じており、女の子とセックスをして絶頂を迎えた思春期の男の子は最高の幸せを感じています。

思春期の男の子が射精をしている様子

上のイラストは、思春期の男の子と女の子がセックスをし、男の子が女の子の膣の中で射精をしている様子を表しています。おしりの方から見ると、男の子のペニスと女の子の膣はこのように結合しています。男の子のペニスの中央に、管が浮き上がっているのが分かるでしょうか。男の子の射精の際、精液は尿道を通ってペニスの先端の穴から発射され、女の子の膣の中に送り込まれます。そのため、男の子が精液を出す瞬間、精液の通り道となる尿道がくっきりと浮かび上がるのです。気になる人は、射精の瞬間を鏡やビデオなどで観察してみると良いでしょう。

やがて男の子は射精が収まってきます。射精が収まったあとも、ペニスに力を入れると少しだけ精液が出てきます。精液を出しきったら、ペニスを膣から抜きます。膣の中に精液が漏れ出さないように、コンドームを指で抑えながらペニスを抜きます。そして、ペニスからコンドームを外し、コンドームの口を縛ってゴミ箱に捨てます。

そのあとは、お互いに異性とセックスをした興奮と快感の余韻に浸ります。異性とセックスをし、とっても気持ちよかったことでしょう。どのように気持ちよかったか、お互いに話し合ってみてください。


思春期の皆さんにとっても、異性とセックスをするのは大切なことです。セックスを通して、男女の身体の仕組みや性についてより深く理解するだけでなく、肌と肌を触れ合わせ、一緒に性器を気持ちよくし、愛しあうことの素晴らしさを学ぶことができるのです。思春期の皆さんは同級生とセックスをし、二人で気持ちよくなってセックスへの理解を深めましょう。


次回は、膣内射精と妊娠についてです。中高生の方からいただくメールに、膣内射精に関する疑問や悩みが多くあります。思春期の子の中でも、膣内射精を体験している人が増えているようですので、この話題を取り上げたいと思います。


追記
思春期の方から、記事の感想や、セックスの悩みや体験談に関するメールを沢山いただいています。
どうもありがとうございます。

コンテンツ

プロフィール

poza

Author: poza
Location: Japan
Blog:
女の子とセックスをするのが好きです。中出しもよくやっています。

セックスに関する質問や相談等がありましたら、下記のメールアドレスまでご連絡ください。
ブログのご感想もいただけると励みになります。
中高生の皆さんも遠慮なくメールくださいね。
lovers.sex.life@gmail.com

※Twitterのアカウントは凍結されましたので、今後の個別のメッセージについては上記のメールアドレスまでお願いします。Googleハングアウトも可能です。

mixi
マイミクシィ募集してます。御気軽にどうぞ。

タグ

[PR] LCラブコスメティック

LCLOVE COSMETIC
美容やセックスのための商品を扱っているお店です。ここでしか買うことのできない商品や、アダルトらしくない清潔なイメージで、リピーターの人たちがどんどん増えてます。

また、セックスのテクニックや豆知識、体験談などを扱っていて、恋人との気持ちいい時間を過ごすための情報が盛りだくさんです。

⇒メールマガジンの登録はこちら



FC2ブログランキング

FC2カウンター

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム