思春期のためのセックス講座 - 学生のうちからセックスをしてもよい?

思春期の男の子女の子のための、セックス講座4回目です。
今回は、学生のうちからセックスをしてもよいか?というテーマについて少し触れます。

思春期を迎えた中高生のみなさんは、異性が気になるようになり、
好きな異性と付き合い始めます。
何度かデートをして、抱き合ったり、キスをするようになります。
そして、セックスをするようになります。
キスをしたり、体を触りあったりするだけでなく、
大人と同じように、ベッドの上で裸になって抱き合い、ペニスを膣に挿入して愛し合います。
ペニスを膣から出し入れさせて気持ちよくなり、
男の子は女の子の膣の奥でたっぷりと射精をします。
思春期を迎え、付き合い始めたカップルは皆、異性とセックスをする気持良さを楽しみ、
膣内での射精を体験します。そして、異性と深い関係を築くことを経験し、
性について深く理解します。

中高生のみなさんの中には、「セックスをすることはいけない事なのでは」と、
セックスをタブーと感じている子も多くいるようです。

それは、普段家庭でセックスに対してオープンに話すことがなく、
大人がセックスの話題を避けるように感じているためです。
テレビでエッチなシーンや話題が出てくると、気まずくなったりしますよね。
そのような環境で生活するみなさんは、セックスをタブーと感じてしまうのです。
しかし、みなさんは思春期を迎え、性欲がわくようになり、どうしてもセックスに興味がでてきます。
そして、異性とセックスをするようになります。

思春期のカップルのセックス


では、思春期のみなさんがセックスをすることは悪いことなのでしょうか。


思春期のみなさんがセックスをするのは悪いことではありません。
思春期の男の子と女の子がお互いを好きになって、セックスをするようになることは
とても喜ばしく、素敵なことです。
思春期の男の子と女の子が裸になって、ペニスを膣に出し入れさせて愛しあう様子は、とても素晴らしいことなのです。
学生のうちに異性と愛し合うことの喜び、
そしてセックスの気持ちよさを経験することはとても重要なことです。


セックスは思春期のみなさんにとって急いでやらなければならないことではありませんが、
好きな人とお互いに「セックスをしたい」と思っていて、しっかりと避妊をしていれば、
罪悪感を感じることなく、好きなだけセックスをしても良いのです。
男の子の勃起したペニスを、女の子が触ったり、舐めたりしてもよいのです。
女の子の膣を男の子が触ったり、指を入れたり、舐めたりしてもよいのです。
男の子のペニスを女の子の膣に挿入して、ペニスを膣に出し入れして気持ち良いと感じてもよいのです。
いろんな体位でセックスをしてもよいのです。
ペニスを膣に出し入れさせて、ペニスが気持ちよくなってきて、そのまま膣の中で射精をしてもよいのです。
毎日セックスをしても、一日に何回セックスをして、何度も射精してもよいのです。
男の子と女の子がセックスをするというのは、とても素晴らしいことです。
好きな人とセックスをするのはとても気持ちよくて幸せなことです。
女の子の膣にペニスを出し入れさせて射精すると、とっても気持ちいいですよね。
男の子のペニスが膣に出し入れされると、気持ちよくなりますよね。
男女が愛しあい、幸せを感じることを、悪いことだと思ってはいけません。
異性と性器を結合させて気持ちよくなり、肌が触れ合う感触とぬくもりを感じる幸せを楽しむのは
思春期を迎えた皆さんにとって、とても大切な体験です。


「中高生の本分は勉強であり、セックスをしてはいけない」という意見があります。
確かに中高生のみなさんはしっかりと勉強するべきですね。
しかし、セックスをしているからといって勉強がおろそかになるわけではありません。
セックスを我慢して性欲がたまり、勉強が手につかなくなっても困ります。
特に男の子は性欲がすぐに溜まってしまいがちです。
性欲が溜まってきたら、セックスをして性欲を満たすようにしてもよいでしょう。
恋人がいないうちはマスターベーションで済ませるのもよいでしょう。
恋人ができるとマスターベーションの回数はほとんど減り、
女の子とセックスをして、女の子の膣内で射精をすることで性欲を満たすようになります。
異性と思う存分セックスをして性欲を発散したら、勉強に集中しましょう。
もちろん、中高生のみなさんは、勉強する時間がなくなるほどセックスばかりしていてはいけません。

思春期の皆さんがセックスをするようになると、セックスばかりしがちになります。
特に、中学2~3年の子は毎日セックスをするようになることが多いようです。
中学3年生だと、受験がありますから、ある程度勉強を意識することも多いですが、
中学2年生の子は、開いている時間をほとんどセックスに使うようになります。
放課後は毎日男の子の部屋で2~3回はセックスをしますし、
家族が留守にしている土日などは、朝から晩までセックスし放題です。
中学2年生ころだと性欲が非常に強く、何度射精をしても性欲が衰えることがありません。
コンドームをすぐに1箱使いきってしまうようです。
若い頃にセックスに没頭してしまうのは仕方ありませんが、勉強に集中できるなくるのも困ります。
恋人ができて、セックスをするようになったら、「セックスをする日」と「勉強をする日」の
ルールを作るなど決めるとよいでしょう。
セックスをするときは、思う存分セックスをして、気持ちよくなってください。
セックスが、勉強への活力となるよう工夫が必要ですね。

思春期のカップルのセックス


また、中高生でセックスをして、女の子が妊娠することも心配されます。
思春期のみなさんにも、膣内射精をして、妊娠を心配した経験のある子は多くいます。
男の子と女の子がセックスをするというのは、子供を作るという本能に基づいた行為です。
思春期の男の子でも、女の子の膣の中に射精する瞬間は「この女の子を妊娠させたい」と強く思い、射精をします。
そして女の子は男の子が射精する瞬間「この男の子の子供を産みたい」と強く思い、男の子の精液を膣で受け止めます。
思春期を迎えた皆さんは、ペニスを膣に挿入する前にかならずコンドームを付けるようにし、
精液が直接女の子の膣に入らないようにしてセックスをしましょう。

最近では、思春期のみなさんの間でも、低容量ピルで避妊をする子が増えています。
安全性や有効性が認められており、思春期のみなさんへ最も推奨される避妊法となっています。
最近では中高生でも多くのカップルが膣内射精を経験しており、
精液を直接膣内に射精する行為への興味が高まっているようです。
確実に避妊でき、思春期の男の子と女の子が、コンドームを付けない自然な形でのセックスを思う存分楽しむことができ、膣内に精液を送り込むという最高に気持ちよくて興奮する行為をすることができるため、諸外国ではすでに思春期の子に広く普及しています。


思春期のみなさんも、膣内射精をし、
男の子が女の子の膣の中に精液を送り込むという「子供を作る」行為を体験することで、「セックスが単に気持ちよさを味わうためだけの行為ではない」ということを理解することができます。
膣内射精をし、ペニスを膣から抜いたあと、膣から精液が流れでてくる様子を見ることで、
「セックスとは男の子の精液(遺伝情報)を女の子のお腹の中に送り込み、二人の子供を作る行為」
であることを実感してください。
そして、その行為の気持ちよさを存分に味わってください。

思春期のカップルが膣内射精をしている様子

このイラストは、思春期の男の子が女の子の膣の中に精液を送り込んでいる様子を示しています。
男の子はより多くの精液を女の子の膣の奥まで届けるため、ペニスを深く挿入します。
また、女の子のおしりを抱きかかえることで、精液が膣外に漏れ出にくくなり、
より多くの精液が、子宮へと流れていきます。
男の子は思春期であっても、このように自然と、精液を女の子の膣内にたくさん送り込める姿勢をとります。
そして、女の子は、男の子のペニスが激しく脈打つことを感じ、
男の子が自分の膣内に射精していることを感じて興奮します。
また、射精の際に男の子におしりを抱きかかえられることで、女の子は、
男の子がより多くの精液を女の子の中に送り込もうとしていることを感じるのです。
男の子が女の子の膣の中に精液を送り込むことは、すごく気持ちいい行為です。
そして、相手との関係をより特別なものに感じさせる行為です。
精液を膣の中に出すというのは、男の子と女の子が子供を作る行為ですから、
特別に感じるのも当然です。
中高生のうちに膣内射精を経験し、
子供を作る行為が、男の子・女の子共にどれほど気持ちよくて、どれほど幸せな気分になるか、
そして、どれほど特別な行為かを、実感できるとよいですね。

思春期を迎え、セックスに興味が出てくるのは、自然なことです。
そして、思春期の男の子と女の子がお互いを好きになり、セックスをするようになるのは、
とても喜ばしく、素敵で、素晴らしいことです。
異性とセックスをしている最中はとっても気持ちよくて幸せな気持ちになります。
しっかりと避妊をして、勉強に励み、我慢することなく若いうちに異性とたくさんセックスをしましょう。

個別に、気になることがあればメールで聞いていただいてもOKです。
また、どんなふうにセックスをしているかを教えてもらえれば、
セックスのテクニックや、気をつけるべきポイントを回答します。
中高生の方からのメールをお待ちしています。
宛先:lovers.sex.life@gmail.com

思春期のためのセックス講座 - 膣内射精と妊娠

思春期の男の子女の子のための、セックス講座3回目です。
今回は膣内射精についてです。

膣内射精とは、男の子が女の子の膣の中に精液を送り込む行為のことです。
膣内射精は大人の男の人と女の人が楽しむ行為でしたが、最近では皆さんと同じ思春期の男の子と女の子の間でも膣内射精を楽しむことが増えてきています。
中高生でも、コンドームを着けずに生のペニスを膣に挿入してセックスをするカップルが増えており、同級生の女の子の膣の中に精液を送り込んだことのある男の子は沢山いますし、同級生の男の子が出した精液を膣で受け止めたことのある女の子は沢山います。

思春期の男の子と女の子が膣内射精をするときは、衝動的であることが多いようです。普段コンドームを着けてセックスをしている子でも、異性とのセックスの興奮と気持ちよさに、つい膣内射精をしてしまうことがあります。そして、一度膣内射精を経験すると、その気持ちよさが癖になってしまい、膣内射精を頻繁にするようになる思春期のカップルも多くいます。


以下は、ある男子からメールでいただいた内容を元にした、思春期の男の子と女の子が膣内射精をする例です。

KくんとSさんは中学2年生の同じクラスの同級生で、半年ほど前から付き合っています。付き合い始めて1ヶ月で初めてセックスをしてから、週に1~2回の頻度でセックスをしています。コンドームはいつもKくんが用意していて、セックスをする時は必ずコンドームを着けています。

セックスをしているカップル今日は、Kくんの両親が一日家を留守にするため、KくんとSさんはKくんの部屋でセックスをする約束をしました。

SさんがKくんの部屋に着くと、(1)さっそくKくんとSさんはベッドの上で抱き合ってキスをし始めました。KくんとSさんはお互いの身体を触りあい、興奮を高めていきます。Kくんのペニスはズボンの上からも分かるほどビンビンに勃起しています。

興奮が高まってきたKくんとSさんは服を脱ぎ、裸になりました。SさんはKくんの勃起したペニスを触り、KくんはSさんの膣を触り、お互いの性器を刺激し合い、さらに興奮を高めます。やがてKくんのペニスはギンギンに勃起し、Sさんの膣も愛液で濡れてきました。ペニスを膣に挿入する準備ができ、Kくんはペニスにコンドームをつけようとしました。しかし、コンドームは先日のセックスで使い切っていて、もう一つもありませんでした。(2)Kくんはそのことに今気づきました。

しかし、KくんもSさんも、性的な興奮が高まっていて、ペニスを膣に入れたくてたまりません。二人はがまんできず、コンドームを着けずにセックスをすることにしました。Kくんはビンビンに勃起したペニスを、Sさんの膣口にあてがいました。そして、生のままのペニスをゆっくりとSさんの膣口を押し広げ、Sさんの膣の中に挿入していきます。Kくんのペニスはビンビンに勃起しており、Sさんの膣の中はとてもヌルヌルしていて、膣の粘膜がKくんのペニスに絡みつき、Kくんはとても気持ちよくなっています。Kくんが腰を振ってSさんの膣にペニスを出し入れするたびに、ペニスと膣がニュルニュルこすれる感触を楽しむことができ、KくんもSさんも、とっても気持ちよくセックスをしています。

KくんはSさんの膣でペニスを気持ちよくしています。SさんはKくんのペニスで膣を気持ちよくしています。KくんとSさんはセックスをしている最中、性器がとても気持ちよくなっていて、とても幸せな気分になっています。気持ちよさと興奮がどんどん高まっていき、KくんとSさんはとても気持ちよさそうな表情で激しいセックスをしています。

ペニスと膣が結合している様子普段は15分くらいはセックスをしていますが、今日は、(3)ペニスを膣に挿入してから5分ほどで、Kくんは射精しそうになってきました。Kくんの腰の動きが早くなってきて、KくんのペニスはSさんの膣に激しく出し入れされます。
Sさんも、Kくんにペニスを膣に出し入れされて、最高に気持ちよくなってきています。(4)膣が気持ちよくなってきたSさんの膣の入り口は、締め付けが強くなり、Kくんのペニスをさらに強く刺激します。KくんもSさんも、ペニスと膣が気持ちよくてたまらない状態となっており、腰の動きも激しくなっています。

Kくんのペニスの快感は最高潮となり、Kくんは射精をし始めました。射精の瞬間、Kくんはコンドームを着けていないことを思い出しましたが、Sさんの膣の中がとてもヌルヌルしていて気持ち良いので、(5)思わずSさんを強く抱きしめ、ペニスをSさんの膣の奥まで入れました。そのままKくんはSさんの膣の奥で射精をしています。Sさんは、自分の膣の中でKくんのペニスが強く脈打っていることを感じ、Kくんに強く抱きしめられながら、Sさんは自分の膣内に精液を送り込んでいることを実感します。Kくんのペニスから発射された精液はSさんの膣の奥に流れ込み、二人は強い興奮と幸福感を感じます。

膣内射精をしたカップルが、膣からペニスを抜く様子やがてKくんは射精が収まり、KくんとSさんは性器を結合させたまましばらく射精の余韻にひたりました。Sさんの膣の中には、Kくんの精液がたくさん溜まっています。Kくんのペニスはまだ勃起していましたが、KくんはSさんの膣からニュルリとペニスを抜きました。(6)しばらくして、Sさんの膣からKくんが出した精液が溢れてきました。

(7)KくんとSさんは膣内射精の気持ちよさを体験し、深い満足感を感じました。

膣内射精をしてから数日経ち、KくんとSさんは、Sさんが妊娠していないか、心配になってきました。



気をつけるべき点に下線を引いていますので、順番に見てみましょう。


下線部(1)で、KくんとSさんはすぐにセックスを始めようとしましたが、セックスをする前は、男の子も女の子もシャワーを浴び、お互いに性器を清潔にしておいたほうが良いでしょう。特に膣内射精をするときは、ペニスが生のまま女の子の膣に挿入されれます。このときペニスが汚れていると、雑菌が膣の中に入り込み、性病の原因となります。セックスをするときは、普段から性器を洗っておくように心がけましょう。


下線部(2)で、Kくんはコンドームを切らしていたことに気づいていませんでした。衝動的な膣内射精をしないようにするには、普段からコンドームの有無を確認しておくことが重要です。ペニスを膣に挿入する直前でコンドームがないことに気づいても、セックスを中断するのはとても難しいですし、気まずいものです。普段からコンドームをつけているKくんも、この状況ではがまんすることができませんでした。


下線部(3)で、Kくんはいつもよりも早く射精しそうになりました。女の子の膣に生のままペニスを挿入することは、男の子にとって、とても気持ち良いものです。女の子の膣の中は粘膜になっていて、とても柔らかくてヌルヌルしています。また、膣の粘膜はヒダ状になっていて、男の子のペニスが出し入れされるたびに、ヒダがペニスにまとわりつき、男の子のペニスを刺激します。この感触はコンドームを着けたセックスでは感じることができません。今回、KくんはSさんの膣に生のままペニスを入れたため、Sさんの膣粘膜の感触を直に感じることができ、ペニスが普段以上に気持ちよくなりました。そのため、いつもより早く射精しそうになったのです。
そもそも、思春期の男の子のペニスはまだ成熟しきっておらず、大人のペニスに比べ刺激に敏感です。思春期の男の子が女の子とセックスをすると、すぐにペニスが気持ちよくなります。女の子の膣に生のままペニスを入れるのはとても気持ちいいので、セックスに慣れていない思春期の男の子だと、ペニスを膣に入れた途端射精してしまうこともあります。


気持ちよさそうに膣内射精をしているカップル下線部(4)で、Sさんは膣の入口の締め付けが強くなっています。実はこの時、膣の奥は逆に広がっています。女の子は男の子とセックスをして気持ちよくなってくると、膣の奥が広がり、入り口は狭くなります。これをバルーン現象といいます。膣の奥が広がることで、男の子が膣の中で射精をしたときに、精液が膣の奥にたくさん溜まるようになります。バルーン現象は男の子の精液をなるべくたくさん受け止めるための女の子の身体の変化なのです。女の子が気持ちよくなってくると、男の子はペニスの先端の締め付けが急になくなることに気づくことでしょう。後背位でのセックスだと、この感触をよりくっきりと感じることができます。
また、バルーン現象が起きると、女の子の子宮は膣の奥の広がった空間にせり出してきます。それにより、より多くの精子を子宮に送り込むことができ、妊娠しやすい状態を作り出します。Sさんの膣はKくんの精液を受け止める準備ができていたのです。


同級生の女の子の膣内にたっぷりと射精している男の子下線部(5)では、KくんはSさんの膣の奥までペニスを挿入して射精をしています。生でセックスをしている最中は、射精するときはペニスを膣から抜こうと考える子も多いですが、いざ射精する瞬間になると、あまりの気持ちよさに思わずペニスを膣の奥深くまで挿入してしまう男の子も多いです。これは子孫を残すための反射的な行動のためです。射精をする際にペニスを膣の奥まで入れたほうが、男の子も女の子も満足感が大きくなります。また、セックスに慣れていない思春期の男の子は、射精のタイミングを把握するのが苦手な子が多く、ペニスを抜いたときには既に大量の精液を膣内に出していたということも多いです。また、騎乗位など、男の子が動きづらい体位では、射精の瞬間に男の子がペニスを抜くことができず、そのまま膣内に射精をしてしまいます。
男の子は女の子とセックスをしている間、ペニスから透明な液体を出し続けています。これは、ペニスが気持ちよくなってくると自然と出てくる液体で、カウパー液と言います。Kくんも、Sさんとセックスをしている最中に、Sさんの膣に出し入れさせているペニスからたくさんカウパー液を出していました。カウパー液の中にも精子が微量に含まれているため、より確実に避妊をするためには、ペニスを膣に挿入する時点でコンドームを着けておく必要があります。


下線部(6)では、KくんがSさんの膣からペニスを抜いたときに、精液が溢れています。バルーン現象が起こっていても、精液は膣から多少漏れ出します。特に、思春期の男の子は精液の量が多いため、女の子の膣からはたくさん精液が溢れてきます。溢れてきた精液がベッドに付いたりすると、拭いても染みになったりします。膣内射精をした後に、ペニスを膣から抜く時は、膣にティッシュをあてがいながらペニスを抜くとよいでしょう。そのために、セックスをするときはベッドから手が届くところにティッシュを置いておきましょう。妊娠を目的とした膣内射精の場合は、ペニスを膣から抜かず、精液が子宮により多く入るように、しばらくそのままセックスの余韻に浸るカップルも多くいます。
Kくんは中学2年性ですから、精液がとても濃く、Sさんの膣の中に出した精液が溢れでてくるまで少し時間がかかったようです。

膣内射精をしたあと、女の子は下腹部に少し痛みを感じることがあります。精液には子宮を収縮させる成分が含まれており、精液が子宮に触れることで子宮が収縮し、それにより女の子は痛みを感じることがあるのです。しかし、これは一時的なものですぐに収まり、体調に心配はありません。ちなみに子宮が収縮することで、子宮がポンプのような働きをし、精液を子宮が吸い込みます。より多くの精液を子宮内に届けることに役だっているのです。
KくんはSさんの膣の奥にたくさん精液を出しており、Sさんの子宮はKくんの精液がたくさんかかっています。実際にSさんは子宮に痛みを感じていたそうです。

下線部(7)では、KくんとSさんが膣内射精による深い満足感を感じています。膣内射精は男の子と女の子が子孫を残そうとする本能を満たすことのできる行為です。そのため、膣内射精をすることで男の子と女の子は強い快感を感じると同時に、深い満足感を感じることができるのです。


今回は、KくんとSさんの例を取り上げ、膣内射精についてお話ししました。膣内射精をするつもりがなくても、ふとしたきっかけで衝動的に膣内射精をしてしまうことが多いです。衝動的な膣内射精を避ける最も有効な方法は、普段からコンドームを用意しておくことです。コンドームの数を、毎朝チェックするとよいでしょうね。

アメリカでは、彼氏のいる思春期の女の子の多くは低容量ピルを服用しているそうです。そのため、思春期の男の子と女の子がセックスをするときは膣内射精をすることが一般的です。彼らはセックスの気持ちよさを思う存分味わいつつも、避妊についてしっかりと意識しているのです。
低容量ピルは、日本では副作用などの懸念が大きく、避妊目的では思春期の女の子にはあまり普及していませんが、今後日本でも、思春期の女の子の多くが服用するようになるかもしれません。

気持ちよい体位でたくさん中出しをしよう

男の子と女の子は仲良くなってくるとセックスがしたくなってきます。仲良くなった男の子と女の子は、お互いの性器を結合させ、たくさんセックスをし、その快楽を楽しみます。

セックスがしたくなった男の子と女の子は、部屋で二人っきりになり、服を脱いで裸になります。服を脱ぐと男の子のビンビンに勃起したペニスが丸見えとなります。裸になった女の子は股を大きく開き、男の子に膣の穴を見せます。膣の穴は男の子が勃起したペニスを挿入してセックスをするための穴です。女の子は、セックスをしたいと思った男の子にだけ自分の膣の穴を見せます。男の子は、女の子の膣の穴に自分のペニスをあてがい、ゆっくりとペニスを膣の穴に挿入していきます。こうして、仲良くなってセックスがしたくなった男の子と女の子は、お互いの性器を結合させてセックスを始めるのです。セックスをやり始めた男女は腰を振り、ペニスを膣の穴に出し入れさせてお互いの性器を擦り合います。セックスはとても気持ち良い行為で、セックスをすることで仲の良い男女はその関係をより深いものへとすることができるのです。

生セックスを楽しむ大学生カップル
生セックスを楽しむ大学生カップル
仲良くなった男の子と女の子が「コンドームをつけずに」セックスをし、男の子のペニスから女の子の膣の中に精液を出して気持ちよくなった後、女の子のお腹の中では受精が起こります。男の子と女の子の間に子供ができるのです。セックスは、男の子と女の子が気持ちよさを味わうためにする行為ですが、それと同時に子供を作るための行為でもあります。

最近の若い人の間では、仲の良い男の子と女の子が中出しセックスを気軽に楽しむということが多くなってきています。特に恋人同士でなくとも、気の合う若い男女がラブホテルに行き、ベッドの上で激しいセックスをして生の性器同士が直に触れ合う快感を味わい、最高に気持ちよくなったところで男の子が射精し、女の子の膣の中に精液を送り込んでいます。もちろんこの行為はお互いに妊娠の可能性を承知した上で行われており、中出しして子供を作り、結婚した男女も多くいます。得に20代前半の気の合う若い男女の間で、中出しセックスは頻繁に行われています。中高生についても、彼女がいる男子生徒の50%は中出しを経験したことがあるという調査結果も出ています。多くの中高生が、同級生同士で生セックスを行い、精液を膣内に送りこむという最高に気持ちのよい行為を経験しています。

ペニスが膣内の粘膜と擦れ合うニュルニュルとした感触を楽しみ、その感触を味わいながら膣の奥で思う存分射精し、精液を膣内に送り込む快感を味わえるのが、中出しの醍醐味です。得に、精液が膣内に直に送り込まれていく感触は、男の子にとっても、女の子にとっても、非常に気持ちよくて興奮します。

中出しをするときは、あらかじめ男の子と女の子が、中出しセックスをすることに合意しておくことが重要です。もちろん、一方的な中出しを避けるためでもありますが、これから「中出し」という、非常に気持ちよくてエッチな行為をするという意識をお互いに持つことで、中出しセックスに対する期待と興奮を高め、ムードを盛り上げることができます。

中出しを楽しむ学生カップル
中出しの快感を楽しむ高校生カップル
中出しセックスではコンドームをつけずに生のペニスを女の子の膣に挿入します。最初は亀頭部分だけをゆっくり出し入れさせ、徐々にペニスと膣粘膜を馴染ませていきます。ペニスが生のまま膣に挿入されていることを感じ、女の子は興奮し、愛液がたくさん分泌されます。ペニスと膣粘膜が直に擦れ合う感触は、男の子にとっても、女の子にとっても、非常に気持ちよいものです。リズミカルに腰を振ってペニスを女の子の膣にニュルニュルと出し入れさせ、最高に気持ちよいピストン運動をしましょう。この行為は非常に気持ちよく、男女ともに性的興奮が高まります。この行為をしている間は快感で頭の中がいっぱいになっていることでしょう。お互いの肉体を絡み合わせ、ネットリとしたいやらしい生セックスを楽しみましょう。

性器の結合
性器の結合
男の子は女の子の膣にペニスを出し入れさせ、その快感を楽しみ、やがて射精したくなってきます。射精しそうになったらペニスを膣の奥まで挿入し、射精をしましょう。女の子の膣にペニスを挿入したまま、ペニスから精液を思う存分出すのです。ペニスは強く脈打ち、ペニスの先端から女の子の膣の奥に「ドピュ、ドピュ」と精液が発射されます。女の子の膣の奥で射精をするのは、とても気持ちよいでしょう。男の子が女の子に中出しするときは、「精液を女の子に送り込む快感」を楽しみましょう。射精そのものの快感に加え、送り込む快感を味わうことで、より一層気持ちよい中出しを味わうことができます。女の子に中出しし、自分の精子と卵子を受精させ、女の子を妊娠させるのは、男の子にとって最高の快感です。女の子をより確実に妊娠させるために、膣の奥まで挿入し、たくさん精液を出しましょう。2番目のイラストのような体位だと、体の密着する部分が少ない分、ペニスと膣の結合に意識を集中することができます。なので、この体位で中出しをすることで「精液を女の子の膣内に送り込む快感」に集中することができるのです。思わず喘いでしまうほど、気持ちのよい中出しができることでしょう。男の子は女の子に自分の遺伝情報を含む精液を送り込むことで、最高の快感と満足感を得ることができます。この快感と満足感を思う存分味わってください。

射精が収まるまでペニスを膣の奥に挿入したまま、女の子の膣内にたっぷりと中出ししましょう。射精が収まったあとも、ペニスや肛門に力を入れ、尿道に残った精液を出しましょう。精液を出し尽くしたら膣からペニスを抜きます。男の子が女の子に中出しをするのは、女の子を妊娠させるためであり、男の子と女の子がセックスをして中出しをするということは、二人で子どもを作るほど深い関係になったということです。中出しセックスをしたことによってより深い関係になった相手と、ベッドの中で抱き合ったり、キスをしたりして、セックスの余韻を楽しみ、より深くなった愛情を確かめ合いましょう。この時間がとても気持ちのよいものなのです。

仲の良い異性とたくさん中出しセックスをし、精液を送り込む快感を思う存分楽しみましょう。膣の中に精液を送り込むという、気持よくて特別な行為をすることで、二人の関係はより深いものになることでしょう。

女の子はイキそうになると腰を振る

男の子と女の子がペニスを膣に出し入れさせてセックスをしているとき、腰を振るのは男の子が主だと思います。ペニスが膣に入った状態で男の子が腰を振ると、ペニスと膣がニュルッニュルッと擦れ、とても気持ちよくなります。ペニスを膣にニュルニュル出し入れさせ続けると、男の子は気持ちよくてたまらなくなり、イク、つまり射精します。女の子も、ペニスを膣に出し入れさせて気持ちいいセックスをすると、気持ちよくてたまらなくなり、イキます。子宮が痙攣し、最高に気持ちいい気分になるのです。

女の子はイク直前、もっと気持ちよくなりたいという気持ちが高まり、思わず腰を振ってしまいます。普段腰を振らない女の子が腰を振るのは、「そろそろイキそう」というサインなのです。

同時に絶頂を迎えたカップルの膣内の様子男の子がイクのも、女の子がイクのも、どちらもとても気持ちいいものです。これらは、どちらも子供を作るための現象です。男の子の精子をたっぷりと含んだ液体である精液を、ペニスから膣の中に出すことで、男の子と女の子は子供を作ることができます。さらに女の子がイクと、子宮が痙攣しますが、これにより子宮がポンプのように精液を吸い込みます。男の子と女の子が同時にイク場合は最良の結果が得られます。二人が同時に絶頂に達し、最高に気持ちいい状態となり、さらに男の子のペニスから発射された精液が子宮の中に吸い込まれていくのです。非常に妊娠しやすい状態です。

男の子にとって、ペニスを膣に出し入れさせてこすり合わせるのは気持ちいいですし、射精して最高に気持ちいい思いをしつつ、女の子の膣に精液を送り込み、女の子を妊娠させたいのです。だから男の子は腰を振ってペニスと膣を擦り合わせるのです。

セックス女の子にとってもそれは同じです。男の子に、自分の膣の中へ精液を出してもらい、妊娠したいという願望が潜在的にあります。男の子に気持よく、たっぷりと精液を出してもらうため、女の子の膣は男の子にとって非常に気持ち良い状態となります。
さらに、女の子はイクことで精液を子宮内に吸い込むことができます。そこで女の子はイクために膣内の刺激をより求めるようになります。腰を激しく振り、ペニスと膣内の粘膜が激しく擦れるように動くのです。

特に、膣内が気持ちよくなりイキそうになると、イッて絶頂の快楽を味わいたいという願望が大きくなり、より強い刺激を求めるようになります。なので、イキそうになると思わず腰を振ってしまう女の子は多いのです。

コンドームを付けてセックスをすると、ペニスの感覚が鈍くなりがちですが、生セックスの場合だと膣の中の状態をよりきめ細かく感じ取ることができます。なので、女の子の膣に深々と挿入したペニスから、女の子がイキそうかどうかを感じることができます。

セックスイキそうになると、女の子の膣は入り口付近がきゅっと締まり、逆に奥は広く空間ができます。もちろん膣からは愛液が溢れ出してヌルヌルになっています。この状態でペニスを出し入れするとペニスのサオの部分がヌルヌルと強く刺激され、非常にエッチな感触のあるピストン運動となります。また、子宮が精液を吸い込むために降りてくるため、ペニスの先端が子宮口にコツンとぶつかりやすくなってきます。イキそうになると、女の子の膣の中には様々な変化が起こるのです。この変化は男の子にとっても女の子にとっても、非常に気持ち良い状態となります。コンドームを着けているとなかなか感じることができません。

なので、愛する人とぜひ生セックスをして、お互いの性器を直に触れ合わせ、気持ちよくなるに連れて変化していく性器の感触を楽しんでください。非常にエッチで、気持ちよいものです。そしてそのまま中出しをして、最高の快楽を味わうとともに、二人の関係をより深いものにしてください。

中出しをもっと気持ちよくする方法

中出しはとは男の子と女の子がセックスをし、膣の中に精液を送り込む行為のことをいいます。膣の中に精液を送り込むと、女の子は妊娠します。そのため男の子と女の子が二人で子供を作るときに中出しをするというのが一般的でした。
しかし、中出しはとっても気持ちいい行為なので、最近では妊娠を気にせずに中出しの興奮と気持よさを楽しむために中出しをする男女が増えています。男の子が女の子の膣の中に精液を直に出すというのが、セックスの一般的なスタイルになりつつあります。

中出ししているカップル中出しは愛しあうカップルたちが最終的に行き着くセックスの形です。中出しをして子供を作り育て、お互いに生涯を共にすることを望むほどの愛が必要です。それほどの愛があるカップルのみ、避妊をせず、なんの不安にもとらわれず、精液を思う存分膣内に送り込み、中出しセックスの快楽を純粋に味わうことができるのです。最近では中高生のカップルも、コンドームをつけずにベッドをギシギシいわせながら激しいセックスをし、大量の精液を膣内に送り込んでいます。中高生のカップルも、中出しの気持よさを楽しんでいるようです。

中出しはとても気持ちよいものです。男の子と女の子はペニスを膣に挿入し、愛と性欲に身を任せて腰を振り、ペニスを膣に出し入れするのです。そして男の子の快感が最高潮に達し、ペニスを膣の奥まで挿入して男の子は射精を始めます。射精の最中はビンビンに勃起しているペニスが脈打ち、精液が女の子の膣内へドクドクと送り込まれていきます。女の子はペニスの脈動を感じながら、男の子が送り込んでくる精液を膣の奥で受け止めるのです。そうして男の子と女の子はお互いの精子と卵子を受精させ、最高の幸せを得ることができるのです。
中出しは非常に気持ちよいですが、さらに快感を倍増させる方法をいくつかご紹介します。

男の子は、女の子の膣に生のペニスを激しく出し入れして最高に気持ちよくなった瞬間、射精し始めます。このとき、男の子はペニスを膣の奥まで深く挿入し、射精を始めることが多いようです。射精している間は腰の動きを止め、ペニスを膣の奥まで挿入したまま精液を出し続けます。このように中出しするのもとっても気持ちいいのですが、射精しているときに腰を少しだけ動かし、射精し脈打つペニスを膣から軽く出し入れすることで快感が倍増します。射精している最中のペニスは非常に敏感です。そんな敏感なペニスを膣粘膜とこすり合わせるのですから、とても気持ちいのです。精液を出しているペニスを刺激することでさらに射精が促進されます。射精が長く続き、精液もいっぱい出てとっても気持ちいいでしょうね。コンドームを付けている場合に射精しながらピストン運動をするとゴムが破れてしまう危険があります。中出しだからこそ味わえる気持ちよさなのです。

セックスしている男の子と女の子ペニスを膣の奥まで挿入した状態で射精し、射精しながら腰を円を描くように動かすのも気持ちいいものです。膣の奥でいっぱい射精したいという方は、こちらの方がいいかもしれませんね。腰を円を描くように動かすことで、膣内をペニスでかき回すのです。精液を出しながらペニスの先端を子宮口をぐりぐりとこすりつければ性的興奮も増しますし、精液を子宮口にたっぷり掛けてあげることもでき、妊娠する可能性も高まるでしょう。また、ペニスを根元まで挿入すれば、恥骨で女の子のクリトリスを刺激してあげることもでき、お互いに非常に気持ちよい中出しができるはずです。

射精がおさまってきたあとも、ペニスはしばらく敏感な状態です。精液を膣内にたっぷり出したあとのピストン運動も気持ちいいものです。尿道を膣の入り口にこすりつけるようにペニスを出し入れすることで、尿道に残っている精液を搾り出すことができます。あまり激しくピストン運動をすると膣から精液が漏れてしまうこともありますが、射精後のピストン運動の気持ちよさは中出しでしか味わえません。コンドームをつけた場合だとやはり破れる危険があってなかなかできませんよね。

やはりコンドームを着けてセックスをするよりも、中出しの方が気持ちいいものです。せっかくの中出しセックスですから、より激しくて、興奮した、気持ちいいセックスをし、思う存分中出しの気持ちよさを楽しみましょう。そして、気持ちいい中出しをいっぱいして子供を作りましょう。

コンテンツ

プロフィール

poza

Author: poza
Location: Japan
Blog:
女の子とセックスをするのが好きです。中出しもよくやっています。

セックスに関する質問や相談等がありましたら、下記のメールアドレスまでご連絡ください。
ブログのご感想もいただけると励みになります。
中高生の皆さんも遠慮なくメールくださいね。
lovers.sex.life@gmail.com

●Twitter


●Pawoo
pawoo.net/@poza

mixi
マイミクシィ募集してます。御気軽にどうぞ。

タグ

[PR] LCラブコスメティック

LCラブコスメ
美容やセックスのための商品を扱っているお店です。ここでしか買うことのできない商品や、アダルトらしくない清潔なイメージで、リピーターの人たちがどんどん増えてます。

また、セックスのテクニックや豆知識、体験談などを扱っていて、恋人との気持ちいい時間を過ごすための情報が盛りだくさんです。

FC2ブログランキング

FC2カウンター

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム