ペニスを硬く勃起させて射精しよう

セックスは男がペニスをビンビンに勃起させて女の子の膣に挿入し、お互いが激しく腰を振ってペニスと膣内をこすり合わせ興奮と快感を高めます。そして絶頂に達したペニスから射精して膣内へ精液を送り込むことで行います。このような形態上ペニスが勃起して硬くなっているほうが、女の子の膣に挿入するのに都合がいいということは小学生でも分かることです。

⇒ローション新世紀!!“キレイ”と“気持ちイイ”手に入れよう!


射精しかし、実際にセックスをするとき、女の子の膣が十分に濡れていればフニャフニャした半立ち状態でもペニスを挿入することは可能です。極端な話、まったく勃起していなくても女の子の膣内に挿入することができます。(セックスするときに勃起しないのは悲しいですが)

半立ち状態でのセックスは悲惨なものです。どんなに激しいピストン運動をしても、女の子は男のペニスの感触を膣内で感じることができません。男も、ペニスの皮がピストン運動にあわせて動き、膣とペニスとの摩擦を十分に感じることができません。ペニスで膣内をかき回して女の子に快感を与えることもできません。

硬くビンビンに勃起したペニスならば、膣内から出し入れするときニュルニュルと擦れあい、最高の気持ちよさを味わうことができます。

しかもペニスの皮が伸びることで包茎になることが考えられます。これはオナニーでも言える事ですね。

膣内に射精するペニスそして射精。半立ち状態で射精されても、女の子は十分に快感を得られません。やはり最高に興奮してビンビンに勃起したペニスから射精される精液を膣内で受け止めたいはず。硬く勃起したペニスが射精して脈打つ感触を膣内で感じ取ったほうが興奮も最高になるでしょう。男も半立ちで射精したときの快感は中途半端なものです。

ビンビンに勃起したペニスを女の子の膣内の奥深くまで挿入してドピュッドピュッと勢い良く射精してあげてください。

ペニスが半立ち状態のセックスは続けると癖になってしまい、なかなか硬く勃起できなくなってしまうようです。オナニーをする場合であっても、ペニスを完全に勃起させてた状態でペニスを摩擦し、射精することを心がけましょう。
コメント
あ~ん
v-238
【2011/03/02 17:05】 URL | おなこ No.1562 #-[編集]
膝ががくがくに
日曜日は彼の時間がたっぷりあったので ゆっくりしてもらいました
うちのお口もあそこのお口も 欲しくて欲しくて 腰がとっても
動きました

だって とても気持ちがよかったんです
おしまいは 膝がガクガクして 立ち上げれませんでした

少し眠ったら 幾分よくなったけど 初めてでした
愛しているんです またあってくれるといいな
【2013/06/18 11:59】 URL | mi4 No.2344 #SFo5/nok[編集]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する (Send to only the blogger)

コンテンツ

Twitter

ブログ内検索

タグ

[PR] LCラブコスメティック

LCLOVE COSMETIC
美容やセックスのための商品を扱っているお店です。ここでしか買うことのできない商品や、アダルトらしくない清潔なイメージで、リピーターの人たちがどんどん増えてます。

また、セックスのテクニックや豆知識、体験談などを扱っていて、恋人との気持ちいい時間を過ごすための情報が盛りだくさんです。

お得な情報や体験談を載せた、ちょっとエッチなメールマガジンも発行しています。さりげなく僕も読んでます。

⇒メールマガジンの登録はこちら



プロフィール

poza

Author: poza
Location: Japan
Blog:
pozaです。
ラブラブで濃厚なセックスを楽しむのが好きです。

古い記事についても、たまに修正を加えたりしているので、見ていただくとうれしいです。

ご意見やご要望がございましたら、
下記のメールアドレスまでお願いします。
lovers.sex.life@gmail.com

mixiはじめました
マイミクシィ募集してます。御気軽にどうぞ。

●twitter
http://twitter.com/sex_life

●広告掲載について
「広告掲載に関して」を御覧ください。

広告掲載に関して

広告掲載
広告掲載に関するお問い合せは
lovers.sex.life+ads@gmail.com
までお願い致します。

ブロマガ

紹介文:一部の記事を有料にて閲覧いただけます。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

FC2ブログランキング

FC2カウンター

閲覧者

現在の閲覧者数:

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

ブックマーク

このブログのブックマーク数: