【体位】乱れ牡丹(みだれぼたん)

四十八手のひとつ「乱れ牡丹」は座位の一種です。
座っている男の子の上に、男の子に背を向けるように女の子が座り、男の子が女の子を抱きかかえます。
その状態でペニスを膣に挿入してセックスをします。



みだれぼたん

この体位ではやや挿入が浅くなりがちです。
激しく腰を振るとペニスが膣から抜けてしまうかもしれませんから注意しましょう。
この体位は女の子が主体的に腰を振ることのできる体位ですが、男の子も下から突き上げるように腰を振ってあげましょう。
お互いの腰のリズムが一致すると、非常にエッチで気持ちよくなります。

女の子が脚を開くことで結合部が丸見えになります。
鏡に向かってこの体位でセックスをすることで、自分たちの結合部を観ながら気持ちよいセックスを楽しむことができます。
ペニスが膣に気持ちよさそうに出入りしている様子をぜひ楽しんでください。

この体位でセックスをするときは男の子は空いている手で女の子のおっぱいを触ったり、クリトリスをいじったりしましょう。

この体位で中出しをすると膣からすぐに精液が漏れ出てきます。
射精している最中に膣から精液が漏れ出てくることもありますので、ベッドを汚さないよう注意しましょう。
子作りに適した体位ではありません。

射精の瞬間の結合部の様子を鏡で写して楽しむのも良いですね。
射精の脈動に合わせて男の子のペニスの尿道が浮き出る様子を観ることができます。
コメント
 いやはや、今回も凄いイラストですね~(笑)
 過去記事のイラストも過激なモノが多かったけど、最近のイラストは更に過激さを増しているような気がします。
 
--------------------------------------------------------------------------------
〉結合部の様子を鏡で写して楽しむのも良いですね。
 
 鏡か~!!
 そういえば、あまり意識したことなかったなぁ…。
 
 pozaさん大変参考になりました!
 今度ベッドの横へ大きな鏡を置いて相手の反応を見てみます。
【2014/02/27 07:41】 URL | なぃしょ No.2550 #FQx65luc[編集]
これも大好きな体位で、やはり、鏡の前でやりますね^^
特に胸の感度がよかったり大きい娘の場合この体位で揉みしだきながら、別の体位でハメ続けて中に出した精子が溢れてくるところを鏡と、直視でしっかりと見せつけ興奮を高めます。
電マを併用してクリ責めしやすいのもメリットですね。
セフレに、しっかりと自分の喘ぐ卑猥で美しい姿を見せつけ開発するのにイイ体位です
【2014/05/08 01:21】 URL | NS主義 No.2674 #-[編集]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する (Send to only the blogger)

コンテンツ

Twitter

ブログ内検索

タグ

[PR] LCラブコスメティック

LCLOVE COSMETIC
美容やセックスのための商品を扱っているお店です。ここでしか買うことのできない商品や、アダルトらしくない清潔なイメージで、リピーターの人たちがどんどん増えてます。

また、セックスのテクニックや豆知識、体験談などを扱っていて、恋人との気持ちいい時間を過ごすための情報が盛りだくさんです。

お得な情報や体験談を載せた、ちょっとエッチなメールマガジンも発行しています。さりげなく僕も読んでます。

⇒メールマガジンの登録はこちら



プロフィール

poza

Author: poza
Location: Japan
Blog:
pozaです。
ラブラブで濃厚なセックスを楽しむのが好きです。

古い記事についても、たまに修正を加えたりしているので、見ていただくとうれしいです。

ご意見やご要望がございましたら、
下記のメールアドレスまでお願いします。
lovers.sex.life@gmail.com
※携帯電話からメールを送信する際は、こちらから返信できるよう、着信拒否を解除してください。

mixiはじめました
マイミクシィ募集してます。御気軽にどうぞ。

●twitter
https://twitter.com/sex_poza

●広告掲載について
「広告掲載に関して」を御覧ください。

広告掲載に関して

広告掲載
広告掲載に関するお問い合せは
lovers.sex.life+ads@gmail.com
までお願い致します。

ブロマガ

紹介文:一部の記事を有料にて閲覧いただけます。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

FC2ブログランキング

FC2カウンター

閲覧者

現在の閲覧者数:

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

ブックマーク

このブログのブックマーク数: