セックスをして亀頭がこすれると男の子はとっても気持ちいい

男の子は女の子とセックスをすると、ペニスがとっても気持ちよくなります。ペニスを膣に入れた状態で腰を振ると、ペニスと膣内の粘膜がこすれ合って、ペニスの快感を感じる神経を刺激するからです。ペニスが膣に出入りするたびに、男の子は快感を感じます。

男の子はペニスのどこを刺激されても気持ちよいものですが、特に気持ちよく感じる部分があります。それは、亀頭です。



中学生同士のセックス亀頭はペニスの中で、一番快感を得ることのできる箇所です。性的な快感を感じる神経は亀頭にしかなく、サオの部分には快感を感じる神経はありません。亀頭はとても敏感で、少し触るだけでも男の子は気持ちよくなります。男の子が女の子とセックスをしている時に夢中になって腰を振っているのは、ペニスを女の子の膣に出し入れすることで亀頭全体がムニムニ、ニュルニュルとした膣壁とこすれ合って、とっても気持ちいいからです。男の子は夢中になって腰を振り、亀頭と膣壁をこすり合わせ、気持ちよさを味わうのです。やがて、気持ちよさが最高潮に達すると、男の子は射精します。

男の子は思春期を迎えると、ペニスの皮が剥け、亀頭が露出するようになります。そうすると、それまで粘膜だった亀頭はだんだん皮膚化し、大人のペニスになってきます。しかし、包茎の男の子の場合、亀頭が露出しないため、亀頭は皮膚化せず、粘膜のままとなります。粘膜のままだと、刺激に対して非常に敏感です。まだ剥けて間もない中学生の男の子や包茎の人たちに早漏が多いのはそのためです。女の子とセックスすることで、敏感な亀頭が膣粘膜と擦れてすぐに気持ちよくなってしまうので、射精するのも早いのです。

中学生同士のセックス(結合部)さらに、亀頭の裏側の、裏筋との境目辺りは亀頭の中でも特に敏感な部分です。この部分は皮膚がとても薄いため、非常に敏感となっています。この部分を女の子に攻められたらたまりません。フェラチオをするときは、舌先でこの部分を攻めてみてください。男の子はたまらず感じてしまうはずです。

サオの部分に快感を感じる神経はないと書きましたが、裏筋の部分を刺激しても男の子は気持ちよくなります。その気持ちよさは、亀頭を刺激された時ほど強い快感ではありませんが、心地よいような、くすぐったいような、不思議な気持ちよさを味わうことができます。女の子に裏筋をやさしく舐められたら、男の子はとても気持ちよくなります。

裏筋も気持ちよいですが、やはりペニスと膣を結合させてセックスをしているときに気持ちよいのは、断然亀頭です。お互いの性器を結合させてセックスをしているとき、亀頭を意識して腰を動かしてみてはどうでしょう。男の子はより一層、気持ちよくなってしまうでしょうね。ペニスを膣に深く挿入しているとき、亀頭は膣壁を押し広げ、女の子の下腹部あたりまで挿入されています。そのことを意識すれば、膣の奥深くに挿入された亀頭に、効果的に快感を与えることができるでしょう。

コンテンツ

Twitter

ブログ内検索

タグ

[PR] LCラブコスメティック

LCLOVE COSMETIC
美容やセックスのための商品を扱っているお店です。ここでしか買うことのできない商品や、アダルトらしくない清潔なイメージで、リピーターの人たちがどんどん増えてます。

また、セックスのテクニックや豆知識、体験談などを扱っていて、恋人との気持ちいい時間を過ごすための情報が盛りだくさんです。

お得な情報や体験談を載せた、ちょっとエッチなメールマガジンも発行しています。さりげなく僕も読んでます。

⇒メールマガジンの登録はこちら



プロフィール

poza

Author: poza
Location: Japan
Blog:
pozaです。
ラブラブで濃厚なセックスを楽しむのが好きです。

古い記事についても、たまに修正を加えたりしているので、見ていただくとうれしいです。

ご意見やご要望がございましたら、
下記のメールアドレスまでお願いします。
lovers.sex.life@gmail.com
※携帯電話からメールを送信する際は、こちらから返信できるよう、着信拒否を解除してください。

mixiはじめました
マイミクシィ募集してます。御気軽にどうぞ。

●twitter
https://twitter.com/sex_poza

●広告掲載について
「広告掲載に関して」を御覧ください。

広告掲載に関して

広告掲載
広告掲載に関するお問い合せは
lovers.sex.life+ads@gmail.com
までお願い致します。

ブロマガ

紹介文:一部の記事を有料にて閲覧いただけます。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

FC2ブログランキング

FC2カウンター

閲覧者

現在の閲覧者数:

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

ブックマーク

このブログのブックマーク数: