今年は何回セックスしましたか?

今年ももうあと少しとなりました。皆さんは今年もよい性生活を送ることができたでしょうか。今年初めてセックスをしたという方もいることでしょう。私はといえば、思えば元旦からさっそく彼女とベッドの上で腰を振ってセックスしていました。会えば必ずセックスしましたし、だいたい週に2~3回ほどは彼女とセックスに励んでいました。性的に満足のいく、とっても気持のよい一年でしたね。

⇒コンドームの詳細・購入はこちら


女の子の膣内で射精しまくる男の子さて、皆さんは今年どのくらいセックスしたでしょうか。私は週に2~3回ということで、だいたい130回くらいだと思います。(来年は回数を数えてみようかな。)
Durexという会社が2006年から2007年にかけて26ヶ国の人々を対象にセックスに関する調査をしたところ、一年間にセックスをする回数は、
1位 ギリシャ 164回
2位 ブラジル 145回
3位 ロシア 143回
3位 ポーランド 143回
5位 インド 130回
(以下省略)

という風になっているようです。ちなみに、日本は最下位で48回。また、毎週セックスをしている人の割合で見てみると、
1位 ギリシャ 87%
2位 ブラジル 82%
3位 ロシア 80%
4位 中国 78%
5位 ポーランド 76%
5位 イタリア 76%
(以下省略)

という結果になっているようです。日本は23位の34%でした。日本では一週間に一回やるかやらないか程度で、他の国に比べてセックスをする回数は少ないようですね。このブログを読んでいる方は頻繁にセックスをしている方が多いと思いますが・・・どうでしょう。セックスは男の子と女の子がペニスと膣を結合させて行う気持ちよいコミュニケーションであり、お互いの気持ちを確かめ合う大切な行為ですから、やっぱり回数が少ないと寂しいですよね。なるべく二人の時間を多く作り、気持ちよいセックスに励むことができれば、二人の関係もより強いものとなります。多くの人たちがたくさんセックスすれば少子化の問題も改善されるでしょう。皆さんも来年は気持ちよいセックスをたくさんして、恋人と激しく愛し合いましょう。

さて、今年の更新は最後となります。今年一年、多くの方々に訪れていただき、そして多くのコメントをいただき、ありがとうございました。皆さんよいお年をお迎えください。

セックスの後、男の子が冷たくなるのは

男の子は中学生ごろになると思春期となり、睾丸で精子が作られるようになります。睾丸で作られた精子が溜まってくると男の子はムラムラと性欲が高まり、女の子とエッチなことがしたくなってきます。思春期の男の子は精子がたくさん作られるので、日がな一日ペニスを勃起させてムラムラしていますよね。欲がガマンできなくなると男の子は好きな女の子とエッチなことをしたり、一人でこっそりとオナニーをしたり、あるいは夢精などにより溜まった精液を外に排出しようとします。男の子は射精の瞬間、性欲が開放されとても気持ちよい気分になるのです。
やがて、男の子は女の子とセックスをするようになります。女の子とセックスをし、ペニスを女の子の膣に出し入れすることで、ペニスを気持ちよくさせます。そして、膣内にペニスを深く挿入して射精することで、男の子はめくるめく快感を感じることができます。

⇒コンドームの詳細・購入はこちら


後背位でセックスをしている男女そんな気持ちのよい射精という行為ですが、男の子なら分かると思いますが射精後は結構な疲労感があります。そのため、男の子は女の子とセックスをした後、エッチなことをぴったりと止めてしまったり、すぐに寝てしまったりと、女の子にとっては「ただセックスがしたかっただけ?」と思われるような行動をとってしまいます。男の子は女の子とセックスをした後に急に冷たく、興味がなくなってしまったような振る舞いをしてしまうことが多いのです。どこかで射精による疲労はフルマラソンでの疲労に匹敵するというのを見たことがありますが、実際どうなのでしょう。

当然ですが、射精で消費されるエネルギーはフルマラソン程大きくありません。男の子が勃起したペニスを女の子の膣に挿入して腰を振り、絶頂を迎えて精液を女の子の膣に送り込むセックス。そのセックス1回で消費されるエネルギーは大体150kcal程度、ウォーキング40分と同じくらいのエネルギーです。たいした運動ではありませんが、男の子はそれ以上の疲労を感じ、女の子への興味が薄れ、眠くなってしまいます。

そもそもセックスとは、愛し合う男女が子供を作るための行為です。愛し合う男女は子作りのために中出しセックスを行います。男女がベッドの上で子供を作るために中出しをするとき、生のまま膣の奥まで深く挿入された男の子のペニスは脈打ちながら精液を発射します。そして、女の子は男の子が気持ちよさそうに送り込んでくる大量の精液を膣の奥で受け止めるのです。そして、射精が収まると男の子はペニスを膣から抜きます。女の子の膣の奥には男の子から送り込まれた精液が溜まっており、この精液に含まれる精子が受精するために子宮へと入っていくのですが、もしここで男の子の疲労が少なく、女の子への性欲が収まらなかったらどうでしょう。

騎乗位でセックスをしているカップル男の子のペニスにあるカリの部分は、女の子の膣内に溜まっている精液を膣外へとかき出すような形になっています。ペニスがこのような形になっているのは、女の子が直前に別の男の子と子作りセックスをして中出しされていたときに、膣内に残っている他の男の子の精液をかき出し、自分の精液で女の子が妊娠する確率を高めるためといわれています。
中出しをした後またすぐにセックスをし、ペニスを膣から激しく出し入れするとせっかく出した精液がカリによってかき出され、外にでてしまうのです。また、中出しした後すぐにセックスをすることにより女の子の体が激しく動き、膣から精液がこぼれてしまいます。

射精をした後男の子の脳は実際に消費したエネルギー以上の疲労を感じることにより、女の子への興味が薄くなりますが、それは女の子を安静にしておき、中出しした精液が女の子の膣からこぼれ出るのを防ぎ、精子が子宮へと入りやすい環境を作るためなのです。セックスした直後に男の子が女の子に対して冷たくなりがちなのは、愛がなくなったからではなく、より確実に女の子を妊娠させるための本能なのです。とは言うものの、女の子はセックスの後も男の子にかまってもらったほうが嬉しいでしょう。セックスの後はすぐに寝るのではなく、二人で後戯を楽しみ、愛を深めるとよいでしょうね。セックスは、終わった後こそ愛を感じるものです。

男の子と女の子の産み分け

避妊をせずに膣内射精を行なうセックスは男の子と女の子がお互いの精子と卵子を受精させ、子供を作るために行なうとても気持ちのよい行為です。子作りセックスでは愛し合う男の子と女の子がビンビンに勃起したおちんちんをヌルヌルとした暖かい膣に生挿入し、お互いの体を求め合いながら性器を激しくこすり合わせて最高に気持ちのよいセックスをします。激しいセックスの末、絶頂に達した男の子がおちんちんを脈打たせながら女の子の膣の奥へ大量の精液を送り込めば、その90秒後には精液に含まれる精子が子宮へと入り込み、卵子に向かって子宮内を進みます。そして、セックスをした男の子と女の子の精子と卵子が結びつき、受精、着床することで新しい命が誕生するのです。お腹の中にいる赤ちゃんの性別が分かるようになるのは、それから5ヶ月くらい後になります。


⇒男性不妊についてはこちら


おちんちんを奥まで挿入してたっぷりと中出ししているカップル男の子、女の子の産み分けの方法については、古くから色々な方法が考えられているようです。やはり、子供を作るときには、生まれてくる子供の性別の希望があることは多いでしょう。

よく目にするのは、精子の持つ染色体の性質を考慮した方法です。精子はY染色体とX染色体のどちらかを持っています。Y染色体を持った精子が卵子と受精すれば男の子の赤ちゃんが生まれ、X染色体を持った精子が卵子と受精すれば女の子の赤ちゃんが生まれます。ここで、Y染色体が酸性の強い環境に弱く、X染色体がアルカリ性の強い環境に弱いことを利用して産み分けを行ないます。


膣の奥でおちんちんから精液を出して子供を作っているカップル男の子の赤ちゃんが欲しいカップルは、X染色体を持つ精子の活動を弱め、Y染色体を持つ精子が卵子と受精しやすくするために、膣内をアルカリ性にする必要があります。
排卵日付近では子宮頸管からアルカリ性の粘液が分泌されます。これにより、普段酸性である膣内は中和され、さらにアルカリ性へと変わり、Y染色体を持つ精子が活発に動けるようになります。この日を狙い、男の子は1週間ほど禁欲し、Y染色体を持つ精子がたっぷりと含まれた濃厚な精液を作ります。
そして、排卵日当日に、避妊をせずに濃厚な子作りセックスを楽しみます。このセックスは、激しく興奮したものである方が良いでしょう。なぜなら、女の子は激しく興奮すると膣内でアルカリ性の液体が分泌され、膣内がY精子の活発に動ける環境となるからです。そして、男の子と女の子が同時に絶頂に達することで精液はY染色体を持つ精子を多く含んだまま子宮に送り込むことができます。男の子は射精する際に、勃起したおちんちんを膣の奥深くにズップリと挿入して思う存分たっぷりと女の子のお腹の奥に射精してあげてください。そうすることでより確実にY染色体を持つ精子を子宮に送り込むことができます。

正常位でセックスに励むカップル女の子の赤ちゃんが欲しいカップルは、Y染色体を持つ精子が弱まる環境を整え、X染色体を持つ精子が多く含まれた精液を子宮内に届ける必要があります。
女の子の赤ちゃんが欲しいカップルは、排卵日の2日ほど前に子作りセックスを行ないます。排卵日になるとアルカリ性の粘液が分泌され、Y染色体を持つ精子が生き残りやすくなるためです。また、もともと精液にはY染色体を持つ精子が多く含まれているため、その数を減らすために子作りセックスをする前日には避妊をしてセックスをします。
そして、女の子は興奮すると膣内がアルカリ性になりやすいため、子作りセックスではなるべく激しいセックスを避ける必要があります。男の子は早めに射精を行なったほうがよいでしょう。
また、射精をする際は、膣の入り口付近で射精を行ないます。これは、精子が射精されてから子宮にたどり着くまでの距離を長くすることで、Y染色体を膣内の酸性にさらし活動を弱め、X染色体を持つ精子の割合を高めるためです。

話をまとめてしまいますと、
「男の子が欲しいなら排卵日をねらった激しく興奮したセックスで膣の奥で射精」
「女の子が欲しいなら排卵日の前日にあっさりしたセックスで膣の入り口付近で射精」

ということですね。男としては、男の子の赤ちゃんを作るときのほうが気持ちよさそうですね。

これは確実な方法ではありませんし、他にも様々な産み分けの方法があるようです。私も彼女と子作りする際には産み分けにも気をつけたいですね。
子作りをしているカップルの皆さんは、ぜひ気持ちよい子作りセックスを楽しんで、たっぷりと精液を膣内に出してください。

仲の良いカップルほど子供が出来づらい?

もう8月になりますね。夏も本番、カップルたちが激しいセックスに明け暮れている季節です。一年で一番アクティブになれる季節ですから、カップルたちは自然と汗だくになって激しいセックスをしてしまいます。薄着や水着で肌の露出も多くなりますし、夏は性欲を掻き立てる色々な要素がありますよね。初めてセックスをするというカップルも多いことでしょう。
ぜひ、この夏もおちんちんを膣から激しく出し入れする、とっても気持ちのよいセックスを楽しんでくださいね。

オトコたたせるキス専用美容液『ヌレヌレ』


おちんちんを女の子の膣に入れようとする男の子男の子は勃起したおちんちんを女の子の膣に挿入し、精液を膣内に送り込みます。これは、男女が子供を作るために行なう行為です。自分の精子がより確実に女の子の卵子と受精できるように、男の子は大量の精子を含んだ精液を女の子の膣に送り込むのです。

オナニーをするときに射精される精子の量は、前回射精から時間によってある程度決まるようです。長く禁欲すれば、それだけ多くの精子を射精することができます。しかし、女の子とのセックスによる射精の場合、精子の量は時間以外の要因でも大きく増減するそうです。

結論から言うと、男の子が女の子とのセックスによる射精では、女の子の体重と、女の子とどれだけ一緒に過ごしたかが精子の量を決定する重要な要素となっているようです。
人間だけでなく、一般的に動物ではメスの体が大きいほど繁殖能力が高いです。男の子が女の子の大きなお尻に惹かれるのも、赤ちゃんを楽に産むことができるためです。(ですから最近の痩せた女の子を好く傾向はやや本能と食い違っているような気がします)体の大きな女の子とセックスするとき、男の子は無意識のうちに「この女の子は繁殖能力が高い」と判断し、より多くの精子が作られ、より多くの精子をおちんちんの穴から膣内へと放出しようとする傾向があるようです。

女の子の膣内に精液を送り込むのが気持ちよくてたまらない高校生の男の子さらに、子作りをする相手の女の子と一緒にいる時間が短いと、男の子は無意識に「ほかの男と子作りしている」と判断し、ほかの男よりも多くの精子を膣内に送り込み、より確実に自分の精子を女の子の卵子と受精させる傾向があるようです。相手の女の子と一緒にいる時間が短ければ、多くの精子が作られ、セックスをするときにたくさんの精子を膣に送り込むことができるのです。そうすることで、自分の精子によって女の子が孕む確率を上げようとするのです。

これまでのことから逆に、「女の子のスタイルが良くて仲の良いカップルは子供が出来づらい」ということになります。本能的な話ですから、実際にはもっと色々な要素があるとは思いますが、子作りをする際にはこのことを考慮してみるのもよいかもしれませんね。

最近知った話ですが、精液が白く見えるのは精液に含まれる精子がたくさん動き回り、光が乱反射するためなのだそうです。精子の元気がない場合は、精液が黄色くなるみたいですね。

精液のたまり方

7月になりました。もうすっかり夏になりましたね。

セックスをするカップル夏といえばセックスの季節です。外に出かける機会も多くなり、遊びに行くことで出会いがあったり、デートの自然と機会も増えます。アクティブになれる楽しい季節ですから、やはりセックスに励む回数も増えますよね。皆さんの周りにいるカップルの方もたくさんセックスをするはずです。きっと多くの男の子がベッドの上で女の子を喜ばせていることでしょう。また、夏休みがある10代の学生カップルたちは、この休みを利用してたくさんセックスをするはずです。この夏に初めてセックスをする学生カップルもいるでしょう。日本中の学生の男女が真夏の暑い日にベッドの上で汗だくになって抱き合い、勃起したおちんちんを膣に激しく出し入れして愛し合います。若い学生の男の子は性欲が旺盛ですから、一日に何度も激しいセックスをし、大量の精液を女の子の膣内で射精しているでしょうね。

最近はスイカにバイアグラの効果があるということも分かったそうですから、セックスの前にスイカを食べて、おちんちんをビンビンに勃起させて激しく興奮したセックスを楽しむカップルもいるかもしれませんね。スイカには利尿作用もあるようですから、セックスの前にはトイレに行ったほうがよいでしょう。

⇒コンドームの詳細・購入はこちら


膣内射精をしたカップル男の子は射精をしないと、睾丸に精液が溜まってきます。精液が溜まれば溜まるほど性欲が増大してくるのが男の子のもどかしい所ですが、日本人の場合は9日ほど禁欲するとそれ以上精液が溜まらなくようです。対して欧米の人は4日ほどでそれ以上溜まらなくなるようです。最大まで精液が溜まったときの精液の濃さは日本人のほうが濃いそうです。日本人の男の子は回数は少ないですが、一度に大量の濃い精液を女の子に送り込むようになっているみたいですね。9日以降は精液が古くなってしまうので、子作りをする男の子は排卵日の9日前あたりから禁欲をはじめることで、排卵日に新鮮で濃厚な精液を大量に女の子の膣内に送り込んであげることができます。9日も禁欲していますから、とっても興奮した膣内射精のしごたえのある気持ちのよい子作りセックスができますよね。女の子も排卵日に硬く勃起したおちんちんから新鮮で濃厚な精液を大量に膣内に送り込まれ、とっても満足できるはずです。また、太りすぎていたりやせすぎていたりする人は、普通の男の子と比べて精液の濃度が薄いそうです。子作りをする男の子は体型にも気をつけたほうがいいようですね。

コンテンツ

プロフィール

poza

Author: poza
Location: Japan
Blog:
女の子とセックスをするのが好きです。中出しもよくやっています。

セックスに関する質問や相談等がありましたら、下記のメールアドレスまでご連絡ください。
中高生の皆さんも遠慮なくメールくださいね。
lovers.sex.life@gmail.com
※携帯電話からメールを送信する際は、こちらから返信できるよう、着信拒否を解除してください。

●「性生活に必要なモノ」Twitterアカウント
https://twitter.com/poza_sex

mixi
マイミクシィ募集してます。御気軽にどうぞ。

ブログ内検索

タグ

[PR] LCラブコスメティック

LCLOVE COSMETIC
美容やセックスのための商品を扱っているお店です。ここでしか買うことのできない商品や、アダルトらしくない清潔なイメージで、リピーターの人たちがどんどん増えてます。

また、セックスのテクニックや豆知識、体験談などを扱っていて、恋人との気持ちいい時間を過ごすための情報が盛りだくさんです。

⇒メールマガジンの登録はこちら



ブロマガ

紹介文:一部の記事を有料にて閲覧いただけます。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

FC2ブログランキング

FC2カウンター

閲覧者

現在の閲覧者数:

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

ブックマーク

このブログのブックマーク数: